NEWS

Book

追憶の泰安洋行

7月14日に発売
された『追憶の泰安洋行―細野晴臣が76年に残した名盤の深層を探る』。

雑誌『レコード・コレクターズ』にて2016~2018年に28回にわたって連載された「追憶の泰安洋行~細野晴臣が76年に残した名盤の深層を探る」をまとめたもので、久保田も2回にわたるインタビューで語っています!

 

著者:長谷川博一



発行:ミュージック・マガジン

 

 


Radio

J-WAVEの番組、TOKYO M.A.A.D SPIN、月曜日のNAZWA!(Watusi + Naz Chris)回にゲスト出演します!

 

出演:NAZWA!(Watusi + Naz Chris)

ゲスト出演:久保田麻琴

 

2020年7月20日(月) 27:00-29:00

http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20200721030000


檜瑛司 ⺠俗芸能写真集『阿波の遊行 Awa-no Yugyo』出版・『阿波百景』発売記念 配信トークショー

阿波の遊行」と「阿波百景」の発売記念として、配信トークショーを開催いたします!!
--------------------------------------------------------------------------------------------------
阿波の遊行(写真集)と阿波百景(CD)発売記念として、緊急配信決!

本作品のプロデューサーであり音楽家の久保田麻琴さんをはじめ、世界各地の音楽・地域文化を追いかけるライター大石始さん、そして檜瑛司さんと共に多くの取材をされた元NHKの皆川学さんによるトークセッションです。番組では、写真と音源を織り交ぜながら様々な視点で阿波文化を掘り下げご紹介いたします。

7月17日発売の「阿波の遊行」写真集と、7具22日発売の「阿波百景」が日本コロムビアよりほぼ同時期にリリースされます。阿波の神髄とも言うべき両作品を通し、どうぞお楽しみください。
◎本公演は無料配信となります。配信はこちらからご覧くださいませ。https://www.youtube.com/watch?v=Ro8uykwgWZQ&feature=youtu.be

◎どなたさまでも視聴可能な配信となっておりますが、 出演者ならびにお店への支援として投げ銭フォームをご用意しております。こちらから!(こちらからもご試聴いただけます)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

出演:久保田麻琴

           大石始(ライター)

           皆川学  (民俗芸能学会評議員・元NHK徳島放送局ディレクター)

 

生配信:7/17(金) 20:30〜

アーカイブ:7/17(金) 放送後から無期限となっております。

 *アーカイブ配信期間中も投げ銭は受け付けております。

 

詳細はこちらよりどうぞ!http://haremame.com/schedule/69362/

 

 


檜瑛司⺠俗芸能写真集 『阿波の遊行 Awa-no Yugyo』Release on 17th July 2020

阿波の遊行

徳島県鳴門市出身の舞踊家で民俗芸能研究家、檜瑛司が30年に及ぶ調査で遺した膨大な資料音源と魅力的な写真の数々。
数百時間に及ぶテープより選曲、マスタリングし2018年に発売された2枚組CD、『阿波の遊行』に続き、今回は写真集(貴重な資料音源復刻CD付)の発売です!!!

 

Traditional Dance and Rituals of Awa
Eiji Hinoki photo archives, 1957~1978
Published in July 2020


失われつつある祭礼、儀式、舞踊、そして歌。
檜が遺した驚くべきアーカイヴが、久保田麻琴のプロデュースによって、写真と音楽でいま甦る。


---------------------------------------------------------------------------------------------------

祭りの踊りは神と触れ合う瞬間の花火。


舞う人、伝える人、残す人、印画紙に焼き付けた人、


もうリスペクトしかない。── 松本 隆
 
家元の家系から来た舞踊家、檜瑛司は
ある時、徳島に民謡がないのかという素朴な疑問を持つ。


録音機とカメラを携え調査を始めたのが 1960 年代中期。
徳島、四国の集落のリサーチを始めると、そのあまり豊穣さに心奪われ、
生涯を調査研究に費やすことになる。

ここにある驚異的な記録を
皆様と共有する恩恵に与らせていただこうと思う。
感謝。── 久保田麻琴
----------------------------------------------------------------------------------------------------


撮影:檜 瑛司、 原田是宏、 西田茂雄、 岡本羊五
B5 / 128 ページ / モノクロ写真 85 点(1957〜1978年撮影)
CD付(『正調 阿波の民謡』(SJV-6203)から抜粋し、リマスターした音源。)
解説:皆川学
CD解説:大石始
監修:久保田麻琴
 

価格: 3,300円(税込)


発売: 2020年7月17日(金)


発売元: 河出書房新社


発行元: 晴れたら空に豆まいて

 

詳細はこちらよりどうぞ!http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309922072/

 

 

 


『阿波百景』Release on 22th July 2020

阿波百景

1988年発売のカセットアルバム、1931年録音のSP盤などから選曲、リマスタリングした徳島の民謡集、『阿波百景~Traditional Folk Songs Of Awa』が発売です!!

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

極太でツヤツヤ、民謡を超えるリアルな歌と律動。これらが即興を交えながら歌われ踊られた阿波の国に想いをはせよう。最古の阿波踊り録音の他、優雅で芳醇な音源の数々をお楽しみください。  久保田麻琴

----------------------------------------------------------------------------------------

 

 

「ぞめき」シリーズ、「阿波の遊行」など、近年精力的に阿波踊りのレコーディングと発掘を続けている久保田麻琴がセレクト&マスタリングした阿波民謡集の決定盤。
基になったのは、鳴門出身の現代舞踊家で膨大な徳島の民謡のフィールドワークを続けた檜瑛司氏が監修し、1988年に現地録音され、当時カセットテープのみで発売された貴重な音源。ここから久保田麻琴が選りすぐったトラックをリマスタリング。
さらに伝説の阿波の歌い手・お鯉の1931年初レコーディングの音源「徳島風景」「徳島盆踊り唄」など、阿波の民謡を語る上で欠かせない重要な音源を収録。
阿波の神髄がここにある。 
大石始(解説より)

 

1.阿波よしこの<徳島市>
 唄:お鯉
2.徳島の麦打唄<松茂町>
 唄:お鯉
3.やとさんさ<神山町>
 唄:今川ミヨ子
4.神山のとこせ<神山町>
 唄:西浦信一
5.じゃんこじゃんこ<美郷村>
 唄:花平長太郎
6.凧うた<鳴門市>
 唄:池田豊子
7.鳴門大漁節<鳴門市>
 唄:桜井暹
8.そぞろ節<牟岐町>
 唄:岡本明美
9.せきぞろ<小松島市>
 唄:原田直富美
10.祖谷甚句<西祖谷山村>
 唄:杉友清子
11.寺野扇子踊り唄<山城町>
 唄:張丁弘代
12.西祖谷の茶もみ唄<西祖谷山村>
 唄:張丁弘代
13.糸ひき唄<山城町>
 唄:駒井喜代美
14.出羽島しょんがえ節<牟岐町>
 唄:原田直富美
15.鮎喰川追分<鮎喰町・神山町>
 唄:西浦信一
16.西祖谷の粉ひき節<西祖谷山村>
 唄:山本晴子
17.荷おいうた
 唄:平石金雄
18.阿波よしこの 弐
 唄:お鯉 演奏:阿呆連
19.徳島盆踊り唄
 唄:お鯉
20.徳島風景
 唄:お鯉

 

Tr.1〜16:「阿波の民謡集」(1988年7月21日発売)より
Tr.17・18:1966年10月30日録音
Tr.19・20:1931年8月15日録音(モノラル/SP盤起こし)

 

解説:大石始

 

発売日:2020年7月22日

レーベル:日本コロンビア

品番:COCJ-41218 

メディア:CD

価格:¥2,800+税

 

詳細はこちらよりどうぞ。

https://columbia.jp/prod-info/COCJ-41218/

ダイジェスト試聴できます!

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=5qyLQAsSg2c&feature=emb_logo


Media

久保田麻琴

music review site "Mikiki"にて、 桑原シロー さんによるインタビュー記事が掲載されています!

 

「久保田麻琴が振り返る70年代の日本のロック 夕焼け楽団、細野晴臣、裸のラリーズ……」

https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/25410


Taxi Saudade 『Homenagem a Joao Gilberto』

タクシー・サウダージさんの4作目、前3作品に続き今回も久保田がマスタリングを担当しました!

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

2014年に、還暦で発表されたデビュー作『JA-BOSSA』が大きな話題を呼び、それ以来セカンド作『BOSSA-MONK』サード作『BOSSA-CHICHIBU』で、さらなる進化(深化)を聴かせてくれたタクシー・サウダージ。待望の4作目は、全編ギター弾き語りアルバムとなりました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

詳細はこちらよりどうぞ!

http://www.ahora-tyo.com/detail/item.php?iid=18796

 


Media

久保田麻琴
Photo by 津田 充

 CDJournalにて、北中正和さんによるインタビュー記事が掲載されています!

 

「久保田麻琴 最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る」

https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/kubota-makoto-to-yuyake-gakudan/1000001607

 


【配信/ Recorded Broadcast】 Makoto Kubota Presents 夕焼け楽団リマスター盤発表記念トークvol.2

初めての久保田本人によるマスタリングで再発となった、久保田麻琴と夕焼け楽団3作品 。

発売記念トークイベントを配信にて開催いたします!

----------------------------------------------------------------------------------------

6月20日配信予定のVOL.02では、久保田麻琴さんとピーター・バラカンさんに、夕焼け楽団の音楽性についてお話していただく予定です。

”オリジナルのハイレゾ・マスターをそのままマスターレコーダーから再生” お楽しみに!!

----------------------------------------------------------------------------------------

 

投げ銭スタイルでの配信となりました。投げ銭にはPeatixへの登録が必要です。録画配信の終了の6月27日まで受け付けています。
今回発売のCD3枚1セット、投げ銭をしてくださった方のうち抽選で、5名様にプレゼント!!

投げ銭はこちらよりお願いいたします。

https://makotokubota-barakan-200620.peatix.com/

 

出演:久保田麻琴/ピーター・バラカン

配信/RECORDED  Broadcast
 START 6月20日(土)21:00 〜 6月27日(土)23:59 まで/ Till 
The archive will remain until Monday the 27th of June.

 

公開URL、詳細は代官山晴れたら空に豆まいてのHPよりどうぞ!

http://haremame.com/schedule/69065/

 

 

 


『伊良部島民謡集 For the horses of Miyakojima』Released on June 2020  

伊良部島民謡集

日本の在来種、宮古馬の存続活動支援のチャリティーCDが発売です!
宮古島の離島、伊良部島の鍛冶屋で民謡名人、譜久島方上とそのファミリーが残したカセット音源、『伊良部島民謡集』を久保田がリマスター!!

ボーナストラックとして、伊良部島クイチャーのリミックス・ヴァージョンも収録!!

 

------------------------------------------------------------------------------------
日本の在来8馬種のひとつ、宮古馬。昭和の頃には宮古島で3000頭以上、伊良部島だけで1000頭の宮古馬が、馬車や農耕馬として働き、1家に1頭は馬を持ち、草競馬も盛んで、島の娯楽としても活躍していたそう。
現在ではその数は数十頭までに減り、数カ所の牧場でボランティアの手も借りながら飼育保護されています。
本CDは、その宮古馬存続活動を支援するためのチャリティーCDで、収益金は荷川取(ニカドリ)牧場(https://nikadorifarm.ti-da.net/)に寄付されます。
演奏しているのは、鍛冶屋として宮古馬の蹄に蹄鉄を打つ装蹄師をしていた民謡名人、譜久島方上。彼が、約40年前に家族とカセットで発表した録音音源を、久保田麻琴がリマスタリングしました。久保田氏は、『南嶋シリーズ』で宮古島の古謡を紹介した実績があり、今回も野趣たっぷりなサウンドに仕上げています。
恋歌から宴会で歌われるもの、ハーリー(海神祭)などの伝統行事や記念日に歌われたもの、安全な航海を祈願した歌など11トラックを収録。方上氏の外連味のないぼつとつとした三線弾き語りを中心に、家族が太鼓などの伴奏をつけています。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

曲目表:
1. 伊良部かなしゃがま
2. 佐良浜音頭
3. 伊良部島声合(クイチャー)
4. 伊良部とーがにあやぐ
5. 伊良部音頭
6. 佐良浜豊年節
7. 佐良浜祝節
8. 佐良浜かなしゃがま
9. 佐良浜平安節
10. 伊良部しまうた
11. 伊良部島小唄
12. 伊良部島クイチャー(Remix)

 

発売日:2020年6月

レーベル:ABY RECORDS

品番:ABY-022
メディア:CD

価格:¥2,000(税込)

 

詳細はこちらよりどうぞ。

 

 

 


MAKOTO KUBOTA & THE SUNSET GANG 『 DIXIE FEVER Deluxe Edition』Release on 17th June 2020

DIXIE FEVER

オリジナルリリース1977年のディキシー・フィーバーに、リミックスアルバム『MADE IN ISLAND』をカップリングし久保田本人による新マスタリングで『ディキシー・フィーバー・デラックス・エディション』として再発です!!
(小川真一さんによるインタビュー、
歌詞&解説付)

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

盟友・細野晴臣に沖縄音楽を紹介し、欧米ロック一辺倒だった日本のシーンに南洋サウンドを持ち込んだ久保田麻琴。“久保田麻琴と夕焼け楽団”として発表した1975年『ハワイアン・チャンプルー』は、細野晴臣『トロピカル・ダンディー』『泰安洋行』『はらいそ』と並ぶ、日本ロック史に変革をもたらしたエポック・メイキング名盤。“音の錬金術師”久保田麻琴がトリオに残した初期名盤3作を本人監修の元ナイスプライスで復刻!!!

1977年発表のトリオでの3作目。前作に続き、細野晴臣(ハリー細野名義)と久保田麻琴の共同プロデュース。前作のハワイ、沖縄の南国路線の中でも垣間見えたアメリカ南部のスワンプ・ロックがベース。八木康夫のイラストの通り、ずっしりとしたリズムとギター&スライド、レイジーな久保田のヴォーカルが熱気と粘りのあるサウンドを構築。

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

発売日:2020年6月17日

レーベル:SOLID RECORDS

品番:CDSOL-1910/11

発売元:ULTRA-Vybe

メディア:CD

価格:¥2,750(税込)

 

 

詳細はこちらよりどうぞ。

 

 

 


MAKOTO KUBOTA & THE SUNSET GANG『 HAWAII CHAMPROO Deluxe Edition 』Release on 17th June 2020

HAWAII CHAMPROO ハワイ・チャンプルー

久保田本人による新マスタリングで『ハワイチャンプルー』(オリジナルリリース1975年)が「バイ・バイ・ベイビー/初夏の香り」のシングルバージョン2曲を追加収録、ディスク2にはリミックス「MADE IN ISLAND Vol.2」をカップリングし、ハワイ・チャンプルー・デラックス・エディション』として発売です!!
(小川真一さんによるインタビュー、
歌詞&解説付)

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

盟友・細野晴臣に沖縄音楽を紹介し、欧米ロック一辺倒だった日本のシーンに南洋サウンドを持ち込んだ久保田麻琴。“久保田麻琴と夕焼け楽団”として発表した1975年『ハワイ・チャンプルー』は、細野晴臣『トロピカル・ダンディー』『泰安洋行』『はらいそ』と並ぶ、日本ロック史に変革をもたらしたエポック・メイキング名盤。“音の錬金術師”久保田麻琴がトリオに残した初期名盤3作を本人監修の元ナイスプライスで復刻!!!

『トロピカル・ダンディー』の発売年に細野晴臣と共同プロデュースで制作した日本ロックの歴史的名盤。沖縄内地盤「ハイサイおじさん」を本土に初めて持ち込み、喜納昌吉メジャーデビューを後押しした。極上のスティールギターが甘く香る「スティールギター・ラグ」をはじめとするハワイアンをメインに、沖縄、ニューオリンズ、中華風など、世界音色をチャンプルー。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

発売日:2020年6月17日

レーベル:SOLID RECORDS

品番:CDSOL-1908/09

発売元:ULTRA-Vybe

メディア:CD

価格:¥2,750(税込)

 

詳細はこちらよりどうぞ。

 

 

 


MAKOTO KUBOTA 『 SUNSET GANG』Release on 17th June 2020

SUNSET GANG

久保田本人による新マスタリングで『SUNSET GANG』(オリジナルリリース1973年)が再発です!!
(小川真一さんによるインタビュー、
歌詞&解説付)

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

久保田麻琴のセカンドにして、実質的な夕焼け楽団としてのファースト・アルバム。70年代当時に本場アメリカで音楽を体いっぱい吸収してきた久保田麻琴が醸し出す、けだるい雰囲気とティンパン周辺の実力派揃いの強力なバッキングによって、独特の世界を作り上げる。次作「ハワイ・チャンプルー」をプロデュースする細野晴臣はここでもベース、ドラムで参加。

----------------------------------------------------------------------------------------------

 

発売日:2020年6月17日

レーベル:SOLID RECORDS

品番:CDSOL-1907

発売元:ULTRA-Vybe

メディア:CD

価格:¥2,200(税込)

 

詳細はこちらよりどうぞ。

 

 

 


【Live Streaming】 Makoto Kubota Presents 夕焼け楽団リマスター盤発表記念トークvol.1

6/17発売★ショーボート・レーベル45周年記念企画、久保田麻琴と夕焼け楽団3作品、初めての久保田本人によるデジタル・マスタリングにて再発!記念トークイベントを配信にて開催決定!

★ご好評につき配信延長決定!6月20日まで!

 

★生配信から収録による、録画配信への変更となりました。

 

★今回発売のCD3枚1セット、投げ銭をしてくださった方のうち抽選で、5名様にプレゼントさせていただきます。

 

有料配信から、投げ銭スタイルへの変更となりました。

※投げ銭※

 

公開URL、詳細は代官山晴れたら空に豆まいてHPよりどうぞ!http://haremame.com/schedule/69061/

 

----------------------------------------------------------------------------------------

Vol.1は、久保田麻琴さんと、これらの作品のプロデューサー、時にはドラマーとして参加した細野晴臣さんに制作時期の裏話、思い出などを中心に・・リアルなお話しをていただきます。

 

 ”オリジナルのハイレゾ・マスターをそのままマスターレコーダーから再生” お楽しみに!!

 

*6月20日配信予定のVOL.02では、久保田麻琴さんとピーター・バラカンさんに、夕焼け楽団の音楽性についてお話していただく予定です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

出演 細野晴臣久保田 麻琴

 

生配信/ LIVE STREAMING:2020年6月8日(月)open 20:30 / START 21:00/close 22:30(20:30から視聴サイトとのアクセスをご確認ください。)

 

録画配信/RECORDED  Live Broadcast :6月15日(月)23:59 まで/ Till   23:59

 

生配信中は、プレイバックでのご視聴はできません。生配信終了後、一週間録画配信をご視聴いただけます。

 

*The video will start from whichever point you join the stream and you are unable to return to earlier content during the stream.
*The archive will remain until Monday the 15th of June.

 


六人組「1984-88」Release on 7th July 2020

1980年代、いち早く“ポップスと琉球旋律を融合したサウンド”をコンセプトに沖縄で活躍し、沖縄ポップの先駆として人気を博した伝説のバンド、六人組のアルバム「1984-88」が、久保田麻琴の手により36年目に初リリース!

 

-----------------------------------------------------------------------------------------
琉球サウンド・ミーツ・ウェザー・リポート!と、他にないセンスと演奏力、さらにスピリチュアリティは沖縄において長らく伝説であった。1985年に作られた完成度の高いデモ・テープに、1986年のライブ録音を附した編集盤として、初めて日の目を見ることになる。

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

レーベル:SUPER FUJI DISCS

品番:FJSP394

発売日:2020年07月22日

メディア:CD

価格:2,750円(税込)

 

 詳細、ご予約はこちらよりどうぞ!https://diskunion.net/jp/ct/detail/1008118989

 


究極「六月の雨」Release on 24th June 2020

沖縄の純情、ピュアな魂。
伝説の高校生フォーク・デュオ“究極”、
40年の時を経てアルバム「六月の雨」が久保田麻琴監修で正式発売!

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

沖縄では毎年6月になると39年前のヒット曲「六月の雨」がラジオや有線から流れ、世代から新しい世代へ受け継がれ今や風物詩となっている。シゲとジン、2人の高校生が歌い、1981年に沖縄だけで15000枚のヒットを記録した曲である。1980年、久保田麻琴のアレンジとプロデュースで、夕焼け楽団が演奏を務め11曲が録音され東芝EMIから発売予定だったがオクラ入りとなった。このアルバムが、オリジナル自主制作シングル盤「六月の雨」など4曲のボーナス・トラックを附し、再び久保田麻琴の手により、当時のマスター・テープを元に40年ぶりに蘇る。一緒に泣ける、ストレートな歌が、今こそ人々の心に突き刺さるだろう

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

 レーベル:SUPER FUJI DISCS

品番:FJSP393

発売日:2020年06月24日

メディア:CD

価格:2,750円(税込)

 

 詳細、ご予約はこちらよりどうぞ!https://diskunion.net/jp/ct/detail/1008114464

 


Makoto Kubota presents Sachiko Kanenobu’s MISORA 2020

金延幸子”み空” 2020 JAPAN TOUR With 東京ローカル・ホンク

 

公演延期のお知らせ】

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、不安定なアメリカ/日本の出入国事情により、金延幸子さんのアメリカからの渡航が難しくなり、誠に残念ながら金延幸子さんをお招きしての公演は[延期]をさせていただくこととなりました。公演の日程、内容に関しましては、決定次第HP等でお知らせいたします。

 

チケットをご購入済みのお客様は、ご返金させていただきます。
ご返金方法に関しましては、代官山 晴れたら空に豆まいてHPにて近日中に追ってお知らせいたします。

 

本公演を楽しみにしてくださっていたお客様、並びに関係者の皆様に大変なお手数とご迷惑をおかけ致しますことを心よりお詫び申し上げます。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

去年一昨年の晴れ豆2daysをそれぞれ大成功に終わらせ、NY、SF、LAを初めてヨーロッパにも活動の幅を広げている。
19年7月には、Lite in the Atticレーベルより”み空”が世界発売され、さらにドキュメンタリー映画”み空(仮題)”製作中とあってますますの活躍が期待される。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

出演:金延幸子、東京ローカル・ホンク

LIVE MIX:久保田麻琴

日時:2020年5月19日(火)

会場:代官山 晴れたら空に豆まいて

 


トークイベント @ Popularity GALLERY

マイク野上(https://www.mikenogami.com/さんの写真展、「ON THE ROAD」。3月13日のトークイベント〜70年代前半のアメリカ音楽三昧〜にゲスト出演致します!

 

出演:マイク野上保田麻琴

開催日時:3月13日(金) 19:00スタート

場所:Popularity GALLERY and STUDIO

入場料:1000円 

 

 

 

 

 

 

 

 


KEEPON 『PARTY / 終わりの季節』

KEEPON 『PARTY / 終わりの季節』

B面「終りの季節」のミックスを担当しました!

 

----------------------------------------------------------------------------------------

“恐るべし10代!” KEEPON(16歳/高校1年生)初のドーナツ盤登場!
1973年に細野晴臣が発表した名盤『HOSONO HOUSE』から「パーティー」と「終りの季節」をカヴァー! 自宅スタジオにてひとりで多重録音されたKEEPON(当時15歳)の音源。
その商品化にあたって、「パーティー」に細野晴臣自身が、「終りの季節」に久保田麻琴が、それぞれミックスで応援参加。

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

収録内容:
SIDE-1 パーティー(作詞:中山泰/鈴木りょう子 作曲:細野晴臣)
SIDE-2 終りの季節(作詞・作曲:細野晴臣)

 

発売日:2020年2月21日発売
仕様:7インチ・シングル盤 + 同内容のCDを同梱

レーベル:Li'l Daisy

品番:LDEP-005

 

詳細はこちらよりどうぞ!https://lildaisy.theshop.jp/items/25793441

 

PVはこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=H5g8xYTHk0I&feature=youtu.be&fbclid=IwAR2pSazJQ3Z9umx5eTvZuLfjI4dwmmwHy8TM3iez2xMSKGLfMsx1079ctQY


『 MARIKO HAMADA LIVE 2017・2019 VOL.2 』 Released on 4th February 2020

浜田真理子さんの2017〜2019年のライブ音源集、2枚シリーズのvol.2、バンド篇が浜田さんのレーベル、カメリアレコーズより発売です!

 

<参加メンバー>

 

加瀬達(b)
檜山学(acc , key)
服部正美(dr)
伊藤大地(dr)
池村真理野(sax)
黒田京子(p)
喜多直毅(vn)
あがた森魚(guest vocal)

 

<収録曲>

1.ミシン

2.上海リル

3.Since I Fell For You

4.夕陽が泣いている

5.赤色エレジー

6.リリーマルレーン

7.わたしたちのうた

8.ヨコハマ・ホンキー・トンキー・ブルース

9.場末哀歌

10.ラストオーダー

11.あめつちのテーマ(ボーナストラック)

 

 

<プロデュース>

久保田麻琴

 

レーベル:カメリアレコーズ

品番:CAM002

発売日:2020年2月4日

配給:VIVID SOUND

メディア:CD

価格:¥2,300(税抜)

 

詳細はこちらよりどうぞ!http://www.hamadamariko.com/discography/#CAM002

 


久保田麻琴 トークイベント @ 代官山 蔦屋書店

代官山蔦屋書店にて、『久保田麻琴と夕焼け楽団/ローリングココナツレビュー』発売記念トークイベント致します。

司会は音楽評論家/プロデューサー/作家の高橋健太郎さんです!

 

出演:久保田麻琴、高橋健太郎

場所:蔦屋書店3号館2階  代官山Session: イベントスペース

開催日時:1月23日(木) 19:00スタート(開場18:30)

イベント内容:トークイベント

観覧:フリー(予約受付番号順入場)

予約:①代官山 蔦屋書店 店頭 (3号館2階 レジ)、②お電話 03-3770-2525 (音楽フロア)

 

詳細はこちらよりどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 


MAKOTO KUBOTA presents 『 LIFE IS A CARNIVAL』 vol.04

『 LIFE IS A CARNIVAL』 vol.04 〜 ブラジル、キューバ、カボベルデ、アフリカ、奴隷貿易が生んだリズムと爆発するカーニバル”

第4回のゲストはナオト・インティライミさんです!

 

--------------------------------------------------------------------------------------

ミドル・パッセージ(中間航海)とは、ヨーロッパ列強がアフリカと南北アメリカ大陸を結ぶ三角貿易において、アフリカから拉致誘拐した黒人奴隷を運んだ大西洋航路のこと。大西洋の両岸を結ぶ奴隷貿易という負の歴史から、アフリカ起源のリズムによるさまざまなジャンルの音楽が生まれ、やがてそれはカーニバルとして結晶した。まさに人類史上最大の救済であり、ミドル・パッセージが育んだ奇跡ともいえるだろう。

20042月末、世界一周音楽旅の途中ブラジルの旧都サルバドールのカーニバルに参加したナオトと、ブラジル北東部レシーフェのディープなカーニバルを訪れた久保田麻琴が、優勝パレードに沸く祝祭都市リオで待ち合わせていたのがカーニバル評論家の白根 全。そこには音楽と祝祭が化学反応を起こした、奇跡のような出会いがあった。キューバや西アフリカのカーニバル空間を共有した後、時を経て3人が再び集う2020119日、LIFE IS A CARNIVAL

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

開催日 (vol.04):2020年1月19日(日)

出演:白根 全、ナオト・インティライミ、久保田 麻琴

会場:晴れたら空に豆まいて

時間:開場 18:00/ 開演 19:00

チケット:前売3,500円 / 当日4,000円(共に別途1ドリンク代600円)

入場順:整理番号順

 

チケットご予約はこちらよりどうぞ!

晴れたら空に豆まいて:(電話予約http://haremame.com/howto/ (メール予約)http://haremame.com/reserve/

 

パリ・ダカール間を原チャリ制覇でギネスに載った冒険男爵、白根全。

パタゴニアの氷壁にしがみついて登ってる途中、人生はカーニバルだと気付く。ヒッチハイクでそのまま真っ只中のリオデジャネイロへ、、、その後30余年にわたり尋ねた世界のカーニバルが数十ヶ所。撮った写真、数万枚!著書多数。遂に世界に二人しかいないカーニバル評論家となる。

レアな話と写真、そしてゲスト(ピーター・バラカン、ナオト・インティライミ、久保田 麻琴、関野 吉晴、他)との対話、音楽や動画を含む2時間を4回にわたってお届けいたします!

 

Life is a Carnival ”   全4回

 

Hosted by 白根 全

■ vol.01  久保田 麻琴:レシーフェ, ブラジル,ラテン

■ vol.02  ピーター・バラカン:トリニダード, カリブの島々, ロンドンのノッティングヒル

■ vol.03  関野 吉晴:アンデス, アマゾン

■ vol.04  ナオト・インティライミ:ブラジル, キューバ, カボベルデ, アフリカ

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

“カーニバルの女神さまは旅人の踵にしかおりてこない”   by 白根 全

“カーニバルよろず相談の白根さん、お世話になってます”   by 久保田 麻琴

”Lord, don’t stop the carnival! ♬”   by Peter Barakan

“世界一周の旅の途中、全さんとカーニバルのキューバへ。カストロ生演説は激アツな思い出だ!”  by ナオト・インティライミ

“グレートジャーニーの強力助っ人と、ラテンアメリカを語り尽くす!”   by 関野 吉晴(グレートジャーニー探検家)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 


『MAKOTO KUBOTA & THE SUNSET GANG ~Rolling Coconut Revue Japan Concert 1977』

MAKOTO KUBOTA & THE SUNSET GANG

ライブ録音14枚組ボックスセット『ローリング・ココナツ・レビュー・ジャパン・コンサート1977』から、久保田がマスタリングをした『久保田麻琴と夕焼け楽団/ローリングココナツレビュー』が単体で発売されます!

 

詳細はこちらよりどうぞ。

 

 発売日:2020年1月22日

レーベル:SUPER FUJI DISCS

品番:FJSP382

発売元:disk union

メディア:CD

価格:2,530(税込)

 

youtubeにてダイジェスト視聴出来ます!

https://www.youtube.com/watch?time_continue=30&v=xXraB7DaehA&feature=emb_logo

「いとしのマリー」のライブ映像も公開中です!

https://www.youtube.com/watch?v=uAArBx8ysOQ

 


MAKOTO KUBOTA presents 『 LIFE IS A CARNIVAL』 vol.03

『 LIFE IS A CARNIVAL』 vol.03〜“アンデスからアマゾンまで、祝祭をめぐる巡礼”

第3回のゲストは関野 吉晴さんです!

 

--------------------------------------------------------------------------------------

アンデスからアマゾンまで、宗教色が強く残る祝祭をめぐる巡礼に旅立つ

 

大航海時代に新大陸の先住民社会に移入されたヨーロッパ起源の祝祭は、征服され滅ぼされた民族の「魂の唄声」だろうか。ラテンアメリカのカーニバルは、おもにアフロ・ラテン系と先住民系に大別される。とくにアンデス地域のカーニバルは、インディオ社会に根付いた伝統的な自然信仰と、征服者がもたらしたカトリック信仰が合体した混合宗教的行事の性格が強い。

アフリカ系のリズムが右・左・右・左の縦ノリ系に対して、先住民系のリズムは右・右・左・左のナンバ系。やはり、モンゴロイドの血がそうさせるのだろうか。探検家・関野吉晴が歩んできたグレートジャーニーの原点アンデスとアマゾンの旅から、いったい何が見えてくるのだろう。地球上に存在するあらゆる環境の大地を踏みしめ、大洋を漂ってきたその目には、何が写っているのだろう。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

開催日 (vol.02):2019年12月10日(火)

出演 (vol.02 ): 白根 全/関野 吉晴久保田 麻琴

会場:晴れたら空に豆まいて

時間:開場 18:30 / 開演 19:30

チケット:前売3,500円 / 当日4,000円(共に別途1ドリンク代600円)

入場順:整理番号順

 

チケットご予約はこちらよりどうぞ!

晴れたら空に豆まいて:(電話予約http://haremame.com/howto/ (メール予約)http://haremame.com/reserve/

 

Peatix:https://carnival-vol3-19-12-10.peatix.com/

チケットぴあhttps://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1955926

イープラス:https://eplus.jp/sf/detail/3161500001-P0030001P021001?P1=1221

 

 

パリ・ダカール間を原チャリ制覇でギネスに載った冒険男爵、白根全。

パタゴニアの氷壁にしがみついて登ってる途中、人生はカーニバルだと気付く。ヒッチハイクでそのまま真っ只中のリオデジャネイロへ、、、その後30余年にわたり尋ねた世界のカーニバルが数十ヶ所。撮った写真、数万枚!著書多数。遂に世界に二人しかいないカーニバル評論家となる。

レアな話と写真、そしてゲスト(ピーター・バラカン、ナオト・インティライミ、久保田 麻琴、関野 吉晴、他)との対話、音楽や動画を含む2時間を4回にわたってお届けいたします!

 

Life is a Carnival ”   全4回

 

Hosted by 白根 全

■ vol.01  久保田 麻琴:レシーフェ, ブラジル,ラテン

■ vol.02  ピーター・バラカン:トリニダード, カリブの島々, ロンドンのノッティングヒル

■ vol.03  関野 吉晴:アンデス, アマゾン

■ vol.04  ナオト・インティライミ:ブラジル, キューバ, カボベルデ, アフリカ

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

“カーニバルの女神さまは旅人の踵にしかおりてこない”   by 白根 全

“カーニバルよろず相談の白根さん、お世話になってます”   by 久保田 麻琴

”Lord, don’t stop the carnival! ♬”   by Peter Barakan

“世界一周の旅の途中、全さんとカーニバルのキューバへ。カストロ生演説は激アツな思い出だ!”  by ナオト・インティライミ

“グレートジャーニーの強力助っ人と、ラテンアメリカを語り尽くす!”   by 関野 吉晴(グレートジャーニー探検家)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 


MAKOTO KUBOTA presents 「ラストワルツの夜 〜現場検証」

MAKOTO KUBOTA presents  Movie, Talk & Turkey Dinner「the night of THE LAST WALTZ」

 

----------------------------------------------------------------------------------------

ラストワルツの夜、七面鳥の最後の一切れを掴んだ男、久保田麻琴が音響卓を操作し、あの夜の会場に皆さまをお連れします。

 

そしてやはりその夜Winterlandにいたムロケンとアマタツによるトークショウが上映後に続きます。

 

ワンプレートの七面鳥ディナーを味わいながら、あの感謝祭の夜を体験しましょう。

----------------------------------------------------------------------------------------

 

 

詳細はこちらよりどうぞ!http://haremame.com/schedule/67672/

 

開催日:2019年11月28日(木)

トーク出演:久保田麻琴  /  室矢憲治(ムロケン)/  天辰保文

会場:晴れたら空に豆まいて

時間:開場18:00 / 開演19:00/ 上映開始 19:15

チケット:前売3,000円 / 当日3,500円/学割 2,000円/学割当日2,500円(共に1ドリンク代600円別途)

ターキーディナー・プレート:1500 〜 1800円

 

<チケットご予約>

晴れたら空に豆まいて:(電話予約)http://haremame.com/howto/ (メール予約)http://haremame.com/reserve/

チケットぴあ:https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1949491

イープラス:https://eplus.jp/sf/detail/3123750001-P0030001P021001?P1=1221

 


MAKOTO KUBOTA presents 『 LIFE IS A CARNIVAL』 vol.02

『 LIFE IS A CARNIVAL』 vol.02 〜トリニダード, カリブの島々, ロンドンのノッティングヒル〜

第2回のゲストはピーター・バラカンさんです!

 

--------------------------------------------------------------------------------------

祝祭を追いかけてトリニダードからカリブの島々へ、さらにロンドンやNYの移民社会へ

 

Greatest show on the earth!と呼ばれるトリニダード・トバゴのカーニバルは、ブラジルと並ぶアフロ・ラテン系文化の頂点に君臨するパワフルな祝祭。カリプソやソカ、スティールドラムの故郷として知られるこの島国からスタートするアイランド・ホッピングの旅は、ハイチやドミニカなど島ごとに異なるリズムの宝庫カリブ海の島々を訪ねながら、ラテン系移民が北半球の大都市にもたらしたハイブリッド空間に着地する。

 

カラフルなアートと音楽がきらめくロンドンやニューヨーク、トロントなどに定着したカーニバルは、アフリカから奴隷と共に運ばれたリズムや身体性が立ち現れる、濃厚な祝祭空間だ。本来それぞれが独立して発信している音楽やダンス、演劇、デザイン、舞台、衣装、演出など、ありとあらゆるアート的要素が同じ場に結集する総合芸術の場でもある。

 

カリプソ黎明期の大スターから、最新版トロピカル・ハウスの起源になったソカまで、混じり合うことによって生み出された豊かな音のルーツをさぐるホットな夜は見逃せない! ブロードキャスターのピーター・バラカン氏を迎え、カーニバル世界の軌跡と奥行にアプローチする。後半にはカーニバル・トークの仕掛け人、久保田麻琴師匠が70年代のニューオリンズ、マルディグラ映像を引っ提げて登場!

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

開催日 (vol.02):2019年11月20日(水)

出演 (vol.02 ): 白根 全/ピーター・バラカン/久保田 麻琴

会場:晴れたら空に豆まいて

時間:開場 18:30 / 開演 19:30

チケット:前売3,500円 / 当日4,000円(共に別途1ドリンク代600円)

入場順:整理番号順

 

チケットご予約はこちらよりどうぞ!

晴れたら空に豆まいて:(電話予約http://haremame.com/howto/ (メール予約)http://haremame.com/reserve/

 

Peatix:https://carnival-191120.peatix.com/

チケットぴあhttps://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1946294

イープラス:https://eplus.jp/sf/detail/3103750001-P003000

 

 

パリ・ダカール間を原チャリ制覇でギネスに載った冒険男爵、白根全。

パタゴニアの氷壁にしがみついて登ってる途中、人生はカーニバルだと気付く。ヒッチハイクでそのまま真っ只中のリオデジャネイロへ、、、その後30余年にわたり尋ねた世界のカーニバルが数十ヶ所。撮った写真、数万枚!著書多数。遂に世界に二人しかいないカーニバル評論家となる。

レアな話と写真、そしてゲスト(ピーター・バラカン、ナオト・インティライミ、久保田 麻琴、関野 吉晴、他)との対話、音楽や動画を含む2時間を4回にわたってお届けいたします!

 

Life is a Carnival ”   全4回

 

Hosted by 白根 全

■ vol.01  久保田 麻琴:レシーフェ, ブラジル,ラテン

■ vol.02  ピーター・バラカン:トリニダード, カリブの島々, ロンドンのノッティングヒル

■ vol.03  関野 吉晴:アンデス, アマゾンナオト・インティライミ:ブラジル, キューバ, カボベルデ, アフリカ

■ vol.04  ナオト・インティライミ:ブラジル, キューバ, カボベルデ, アフリカ

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

“カーニバルの女神さまは旅人の踵にしかおりてこない”   by 白根 全

“カーニバルよろず相談の白根さん、お世話になってます”   by 久保田 麻琴

”Lord, don’t stop the carnival! ♬”   by Peter Barakan

“世界一周の旅の途中、全さんとカーニバルのキューバへ。カストロ生演説は激アツな思い出だ!”  by ナオト・インティライミ

“グレートジャーニーの強力助っ人と、ラテンアメリカを語り尽くす!”   by 関野 吉晴(グレートジャーニー探検家)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 


『 MARIKO HAMADA LIVE 2017・2019 VOL.1 』 Release on 17th November 2019

浜田真理子さんの2017〜2019年のライブ音源集、2枚シリーズのvol.1、ソロ篇が浜田さんの新レーベル、カメリアレコーズより発売です!

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

2017年頃から浜田真理子さんのスタジオ録音を行うようになり、時々ライブの音響も担当させていただいた。ライブ録音するのは、発表というよりは記録用録音だったのだが、ミックスを施せばスタジオには無い”生”な空気感、彼女独特の滑らかで深い感じが残りつつ、ライブ独特の緊張感や開放感が感じられた。さあ、素敵なコンサートへようこそ。

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

<参加メンバー>

浜田真理子(p, vo)

加瀬達(b)

服部正美(dr)

檜山学(acc)

あがた森魚(guest vocal M-9)

 

<収録曲>

1. 流れ星
2. 祭りの花を買いに行く
3. のこされし者のうた
4. 琥珀色慕情
5. 十五夜
6. Mate
7. Mariko’s Blues
8. 胸の小箱
9. 春の嵐の夜の手品師
10. カノン
11. 純愛
12. すべて失ってもいい

 

<プロデュース>

久保田麻琴

 

レーベル:カメリアレコーズ

品番:CAM001

発売日:2019年11月07日

配給:VIVID SOUND

メディア:CD

価格:¥2,200(税込)

 


musical direction @ 『Face.A-J』show

日本とアフリカのファッションを繋ぐ新プロジェクト「Face.A-J」のRakuten Fashion Week Tokyo期間中の10月16日のイベントにて、音楽ディレクションを担当します。

 

 


Mariko Hamada Concert @ 東京文化会館

 

東京文化会館での浜田真理子さんのコンサートにて音響担当いたします。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

出演:浜田真理子(p,vo)
   加瀬 達(Bass)
   MARINO(sax)

Live mix:久保田麻琴

開催日時:11月2日(土)
開場13:30/開演14:00
会場:東京文化会館 小ホール (上野駅前)
料金:全席指定¥4,800(税込)
*未就学児童入場不可
問い合わせ:東京音協 03-5774-3030(平日11:00-17:00)
主催:J-WAVE

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

詳細はこちらよりどうぞ

http://www.hamadamariko.com/live/20191102https://www.j-wave.co.jp/event/12158-201911.htm#pagetop

 

 


『Sketches Of Myahk』上映&トークショウ @ ねりま沖縄映画祭2019 

 

ねりま沖縄映画祭2019映画にて映画『スケッチ・オブ・ミャークの上映とトークショウです!

 

場所:生涯学習センターホール

日時:2019年10月5日(土) 18:30pm(トークショウは上映後になります。)

料金:前1,000円  当1200円(18歳以下・ハンデのある人 800円)

トーク出演:久保田麻琴

 

 

詳細はこちらよりどうぞ!

ねりま沖縄映画祭→https://www.facebook.com/nerimaokinawaeigasai/?hc_location=ufi

facebookhttps://www.facebook.com/MYAHK77/photos/a.232021686863662/2486072068125268/?type=3&theater

 

 

チケットご予約購入はこちら

チケットぴあ : https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1937483

ねりま沖縄映画祭 : ご予約をメール・FAX・電話facebookで受けつけています。ご予約をいただいた場合は、当日会場の受付で代金と引き換えでチケットをお渡しします。
メール nerimaeigasai@yahoo.co.jp
FAX 020-4663-6528 電話 090-8311-6678(柏木)

 

 


MAKOTO KUBOTA presents 『 LIFE IS A CARNIVAL』 vol.01

 

パリ・ダカール間を原チャリ制覇でギネスに載った冒険男爵、白根全。

パタゴニアの氷壁にしがみついて登ってる途中、人生はカーニバルだと気付く。ヒッチハイクでそのまま真っ只中のリオデジャネイロへ、、、その後30余年にわたり尋ねた世界のカーニバルが数十ヶ所。撮った写真、数万枚!著書多数。遂に世界に二人しかいないカーニバル評論家となる。

レアな話と写真、そしてゲスト(ピーター・バラカン、ナオト・インティライミ、久保田 麻琴、関野 吉晴、他)との対話、音楽や動画を含む2時間を4回にわたってお届けいたします!

 

Life is a Carnival ”   全4回

 

Hosted by 白根 全

■ vol.01  久保田 麻琴:レシーフェ, ブラジル,ラテン

■ vol.02  ピーター・バラカン:トリニダード, カリブの島々, ロンドンのノッティングヒル

■ vol.03  ナオト・インティライミ:ブラジル, キューバ, カボベルデ, アフリカ

■ vol.04  関野 吉晴:アンデス, アマゾン

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

“カーニバルの女神さまは旅人の踵にしかおりてこない”   by 白根 全

 

“カーニバルよろず相談の白根さん、お世話になってます”   by 久保田 麻琴

 

”Lord, don’t stop the carnival! ♬”   by Peter Barakan

 

“世界一周の旅の途中、全さんとカーニバルのキューバへ。カストロ生演説は激アツな思い出だ!”  by ナオト・インティライミ

 

“グレートジャーニーの強力助っ人と、ラテンアメリカを語り尽くす!”   by 関野 吉晴(グレートジャーニー探検家)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

開催日 (vol.01 ):2019年9月30日(月)

出演 (vol.01 ): 白根 全/久保田 麻琴

会場:晴れたら空に豆まいて

時間:開場 18:30 / 開演 19:30

チケット:前売3,500円 / 当日4,000円(共に別途1ドリンク代600円)

入場順:整理番号順

 

チケットご予約はこちらよりどうぞ!

晴れたら空に豆まいて:(電話予約)http://haremame.com/howto/ (メール予約)http://haremame.com/reserve/

 

Peatix:https://carnival190930.peatix.com/

チケットぴあ:https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1936622

イープラス:https://eplus.jp/sf/detail/3041910001-P0030001

LivePocket-Ticket:https://t.livepocket.jp/e/carnival-190930

 

 


Makoto Kubota presents Sachiko Kanenobu’s MISORA 2019

金延幸子   ”み空” 2019

 

去年の2daysを大成功に終わらせ、今年2019年も代官山"晴れたら空に豆まいて"にて2日間の公演決定!!

 

出演11月13日(水):

 

金延幸子  歌とギター

高田漣   歌とギター(オープニング&ゲスト演奏)

浜田真理子  ピアノ&コーラス

伊藤大地  ドラム 

伊賀航  ベース

 

LIVE MIX:久保田麻琴

 

ご予約詳細はこちらよりどうぞ! (11月13日)http://haremame.com/schedule/67475/?fbclid=IwAR1DqrwfPkSC34qqocdf_xO6LYR-MdeX9iB7UTpQZY8ZOOrluWME97cr-rs

 

出演11月15日(金):

金延幸子  歌とギター

林立夫 ドラム

浜田真理子 ピアノ&コーラス

井上文貴 ギター

青葉市子 オープニング

 

LIVE MIX:久保田麻琴

 

ご予約詳細はこちらよりどうぞ!(11月15日)http://haremame.com/schedule/67478/?fbclid=IwAR36ZsoWaymUO0Byo1z-RY1oZkBxWGgi5EE4nLq8z5AQ4oHje_WZ27exDPs

 

時間:OPEN 18:30    START 19:30

料金:前売り¥4800   当日¥5300 (1ドリンク代別)

場所:代官山 晴れたら空に豆まいて

 

 


『Makoto Kubota's Goshu Ondo Rare Mixes feat. Mis. Yuriko Sakuragawa』Release on 25th Sept. 2019

2012年リリースのCD、『久保田麻琴レアミックス 江州音頭 / 桜川百合子』待望のアナログ化!!

滋賀伝統の江州音頭、本流桜川本家の音頭取りの桜川百合子による「千両幟」、リミックス3トラックとオリジナル曲が収録されています。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------ディープで可憐、江州音頭の花、桜川百合子。久保田麻琴が果敢にリミックス!

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

曲目表:

01.千両幟(VooDoo Ciranda)

02.千両幟(80’s Funk Stylee)

03.千両幟(Massive Gollywood Mix)

04.千両幟(Original Recording)

 

 

レーベル:テイチクエンタテインメント

販売元:東洋化成

メディア:12"

発売日:2019年9月25日

価格:2,482円(税込)

品番:TYO12S1007

 

詳細、ご購入はこちらよりどうぞ!

https://toyokasei.thebase.in/items/22751430

 


『Shirotori Odori Remixes』 Release on 18th Sept. 2019

白鳥おどり Remixes

『白鳥おどりremixes』Who Me ? & 久保田麻琴 / KickTracks

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

久保田麻琴制作の民謡音源集『郡上白鳥』('17年)に収録された、エレクトロニック×盆踊り衝撃リミックスがアナログ化。カップリングは今作のために新録された、ロシアの新鋭トラックメイカーKickTracksによるブレイクビーツ・リミックス!

--------------------------------------------------------------------------------------------


発売日: 2019年9月18日(水)
価格: ¥1,512
レーベル:ABY RECORDS / JET SET
品番: JS7S258
フォーマット: 7"

 

収録曲:
Side A
1. 白鳥おどり Tokyo Eletronico Mix(Who Me ? & 久保田麻琴)
Side B
1. 白鳥おどり Vodka Mattine Mix KickTracks)

 

 詳細、ご購入はこちらよりどうぞ!

https://www.jetsetrecords.net/i/816005633589/

 


Awa Odori / Zomeki interview 2019

 <音楽ナタリー>にて、大石始さんによるインタビュー記事が掲載されています!

 

『久保田麻琴がレクチャーする、音楽リスナーのための阿波おどり講座

ファンクな連からハードコアパンクな連まで、各地で活動するグルーヴィな連を紹介』

 

https://natalie.mu/music/column/339916?fbclid=IwAR3szKh6JDxIzME4amSZVYuJ-xKG_rAGov-1JX6Fu-7EY29kNsAW8uVEL64

『ZOMEKI vol.8 Re-mixes Stupendous!』Release on 20th July 2019

2010年よりスタートし、先日ついに7作目となる『ぞめき七』が発売となった、阿波踊りの鳴り物を中心に録音してきたぞめきシリーズ、そして昨年発売され大きな反響を呼んだ阿波の遊行』からの音源を使い、日本、デンマーク、ポーランド、ブラジル、イスラエル、カメルーン、ウクライナ、オランダのプロデューサー、クリエイターたちが自在にリミックスした全11曲『ぞめき八 Re-Mixes Stupendous!』が発売決定!!

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

阿波踊りのグルーブと阿波の古い芸能のカセット音源がネタとなり、世界から集まった驚きのリミックス集。まさにステューペンドス! 久保田麻琴

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

曲目表:
1. Zomeki no.60 “MooSaSa” by MooLatte (Denmark, Poland)
feat. Keiko Hayashi on Vocal and Makoto Kubota on Guit.
2. Zomeki no.61 “Paraiba Dub” by Chico Correa (Brazil)
feat. O’Koi san on Vocal, Jefferson Leite on rabeca and Gedjaraku
3. Zomeki no.62 “Geisha Stylee” by Makot Kubota (Japan)
feat. Naka Kawada on Vocal & Shamisen and Tsuda Boni Odori All Stars on Chorus
4. Zomeki no.63 “Obake Odori” by O.M.F.O. (Holland, Ukraine)
5. Zomeki no.64 “Awa Gnawa” by Ambient Chameleon (Japan, Cameroon)
feat.Youssef Jandouk on Vocal & Guenburi and Val on rap.
6. Zomeki no.65 “Jaffa Strut” by Uri Brauner Kinrot (Israel)  feat. Tonosama Ren
7. Zomeki no.66 “Mayuzuki goes to Bollywood” by Tomohisa Ishikawa (Japan)
feat. Mayuzuki Ren
from TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
8. Zomeki no.67 “Phunki AWA 2019” by Makoto Kubota (Japan)
feat. Sugisawa Sisters (Koyenji) and Kamakura Odori
9. Zomeki no.68 “Kitou New Moon” by Taichi Ooru (Japan)
10. Zomeki no.69 “Naruto Bushi” by Makoto Kubota and Amacha (Japan)
feat. Amacha on Vocal & Shamisen and Makoto Kubota on Bass and Guit.
(song written by Eiji Hinoki, Shinpei Nakayama)
11. Zomeki no.70 “Awa Passion” by Yoshiharu Takeda and Taikai Okuyama
feat. Nozoki Karakuri and Kohiki Uta of Iya by Kikuko Udo

 

解説:サラーム海上

 

レーベル: ABY RECORDS

配給元:アオラコーポレーション

メディア:CD

発売日:2019年7月20日

価格:2160

品番:ABY-024

 

詳細、ご購入はこちらよりどうぞ!

http://www.ahora-tyo.com/detail/item.php?iid=18301


『ZOMEKI vol.7 』Release on 8th July 2019

阿波踊りの鳴り物を中心に収録したぞめきシリーズ”、『ぞめき七 徳島阿波おどり 純情派』が発売決定!

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

久保田麻琴が録音した「ぞめき」から浮かび上がるのは、明るく開放的なリズムで踊る陽気な日本人。権力に屈せず、同調圧力など吹き飛ばす、強いシャッフルがぼくらのDNAに流れてることを証明してくれた。  松本 隆

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

7作目となる本作は、躍動するリズムと瑞々しいメロディーで、清らかな響きを感じさせる徳島の6連を収録! 

 

曲目表:
1. 葉月連 zomeki no.54
2. 殿様連 zomeki no.55
3. やっこ連 zomeki no.56
4. 本家大名連 zomeki no.57
5. 藝茶楽 zomeki no.58
6. 無作連 zomeki no.59

 

解説:大石始

 

レーベル: ABY RECORDS

配給元:アオラコーポレーション

メディア:CD

発売日:2019年7月8日

価格:2160

品番:ABY-023

 

詳細、ご購入はこちらよりどうぞ!

http://www.ahora-tyo.com/detail/item.php?iid=18289


映画「ラスト・ワルツ」リマスター版 公開記念トークショー

 マーティン・スコセッシが監督した伝説のライブ・ドキュメンタリー『ラストワルツ』の公開40周年を記念したデジタル・リマスター版、新宿K's cinemaでの6月16日の上映回にてトークショウに出演します!

詳細はこちらよりどうぞ!→公式サイト、→ K's cinema

 

日時:2019年6月16日 (日)、12:00~の回の上映終了後
場所:K's cinema

出 演:臼井ミトン、久保田麻琴

LONG HOUSE 『AWA JAZZ』 Release on 25th April

 

徳島の実力派バンド、ロングハウスの1stアルバム、遂に発売決定!

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

徳島に凄いオルガンジャズのバンドがいるとは誰が想像するでしょう。
阿波踊りの本場なので、ダンス・ミュージックは皆のDNAに刻み込まれているはず。
「Awa Jazz」を黙って聞かされたら60年代のレコードだと勘違いする人が多いのでは。 ピーター・バラカン



阿波のビートの伝統か、
とにかくナチュラルなグルーヴがあることが特徴的。粋で下世話、純情阿波男達のオルガンジャズをどうぞ。 

久保田麻琴

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

曲目表:
1. The Cat - Jimmy Smith
2. I’ll Remember Jimmy - Tony Monaco
3. Mimosa - George Benson
4. Mack The Knife - Kurt Weill/Bertolt Brecht
5. Mercy, Mercy, Mercy - Joe Zawinul
6. Satin Doll - Strayhorn-Ellington
7. Feel Like Makin’ Love - Eugene McDaniels
8. Summertime - George Gershwin/DuBose Heyward/Ira Gershwin
9. That’s All - Haymes-Brandt

メンバー:
Organ : Kazunori Itou 
伊藤和範

Guitar : Yoshiyuki Sakano 坂野功幸

Drums : Fumio Goda 合田史郎

Alto Sax : Masato Ohnishi 大西真人

 

視聴、購入はこちらよりどうぞ!

 

レーベル: ABY RECORD

配給元:アオラコーポレーション

メディア:CD

発売日:2019年4月25日

価格:2500

品番:ABY-021

 

 

 


Mariko Hamada @ Motion Blue Yokohama

2年ぶりのモーション・ブルー・ヨコハマ公演です!
新作『Lounge Roses』から、そしてジャジーな横浜をイメージしたレパートリーで、一層パワーアップした浜田真理子をお見逃しなく!

出演:浜田真理子(p,vo)、加瀬達(b)、Marino(sax)

Live Mix : 久保田麻琴

場所:モーション・ブルー・ヨコハマ

時間:open 6:00pm / showtime 7:30pm 

料金:自由席 \5,000(税込)
BOX席 ¥20,000+シート・チャージ ¥5,000 (4名様までご利用可能)
※BOX席はインターネットからのみご予約いただけます

お問い合わせ:http://www.motionblue.co.jp/artists/hamada_mariko/
チケットご予約開始日:4月2日11:00より。

 


Mariko Hamada live @ 島根県民会館

 

島根県民会館での浜田真理子さんのコンサートにて音響担当いたします。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

島根県民会館開館50周年/Mariko 20th anniversary of debut
【浜田真理子コンサート ~LOUNGE ROSES~】

2019年3月2日(土) 島根県民会館 中ホール
開場/16:30  開演/17:00 

入場料金(税込):全席指定 4,500円

【出演】浜田 真理子

 <GUEST>加瀬 達(upright bass)、伊藤 大地(drums)、檜山 学(accordion)、Marino(s.sax/a.sax/t.sax)
<Live MiX>久保田 麻琴

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

詳細はこちらよりどうぞ

 

 


MarikoHamada『LOUNGE ROSES』Analog LP Release on 20th February

 

浜田真理子さんのアルバム、LOUNGE ROSESのアナログ盤が発売!

 

詳細、購入はこちらよりどうぞ!

 

レーベル:Toyokasei

 品番:TYOLP1008

発売日:2019年2月20日

フォーマット:LP

価格:¥ 3,996(税込)

 


『Sketches Of Myahk』トークショウ@東京都写真美術館ホール 

 映画『スケッチ・オブ・ミャーク』東京都写真美術館ホールでの復活上映中12月16日(日) の回の上映後にトークショウが決定しました!

 

 

お問い合せ:太秦株式会社 03-5367-6073

日時:2018年12月16日(日) 10:30am(トークショウは上映後になります。)

料金:1,100円  ※各種割引はございません。

トーク出演:久保田麻琴

 

 

詳細はこちらよりどうぞ!

東京都写真美術館 https://topmuseum.jp/contents/exhibition/movie-3352.html

公式ホームページ → http://sketchesofmyahk.com

facebookhttps://www.facebook.com/MYAHK77

 

 

 

 


真理子と歌おう LOUNGE ROSES 〜浜田真理子の昭和歌謡 発売記念 2 nights @晴れたら空に豆まいて

 

ROUNGE ROSESの発売記念ライブが決定です!

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

今年活動20周年を迎え、ますます歌の輝きが増している浜田真理子。
昨日11月17日に発売になった、
昭和の名曲の数々にスポットを当てた浜田真理子によるカヴァー・アルバム「ROUNGE ROSES」の発売記念ライブです。アルバムのプロデュースは直近のオリジナル・アルバムでも共同制作を務める”音の錬金術師“久保田麻琴が担当。
★当日は、その日のために三好菊酒造さんに作っていただく日本酒・LoungeRosesのミニカップもれなく1杯プレゼント!
協賛:三好菊酒造

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

17日【DAY1】ソロナイト

 

出演:浜田真理子

日時:2019年2月17日(日) 開 18:30 演 19:30

会場:代官山 晴れたら空に豆まいて 

チケット: 前 4,700 当 5,300 +1D 600

詳細、購入はこちらよりどうぞ!

 

 

18日【DAY2】バンドナイト

 

出演:浜田真理子、加瀬逹、伊藤大地、檜山学、池村真理野

日時:2019年2月18日(月) 開 18:30 演 19:30

会場:代官山 晴れたら空に豆まいて 

チケット: 前 5,000 当 5,500 +1D 600

詳細、購入はこちらよりどうぞ!

 

 

 


『Mariko』Vinyl Cutting Supervusion

 

浜田真理子さんのファーストアルバム、『Mariko』のアナログ盤カッティングを

監修しました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

浜田真理子ファーストアルバム、発売20周年記念!
不朽の名盤を豪華仕様で待望の初LP化!!
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

詳細、購入はこちらよりどうぞ!

 

レーベル:SUPER FUJI DISCS

 品番:FJSP334

発売日:2018年11月21日

フォーマット:LP

価格:¥5,022(税込)

 


Mariko Hamada 『 LOUNGE ROSES -浜田真理子の昭和歌謡 』 Release on 17th November

昭和の名曲の数々にスポットを当てた浜田真理子によるカヴァー・アルバムが完成

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

浜田真理子が歌う真っ直ぐな昭和歌謡

 

シンガーソングライター浜田真理子が、彼女の音楽的ルーツでもある昭和歌謡を歌うカヴァーアルバム『LOUNGE ROSES -浜田真理子の昭和歌謡』を11/17にリリース。
“音の魔術師” 久保田麻琴プロデュースによるサウンドは懐かしく、そして今日的な魅力を湛えて彼女の歌声を包んでいます。本作は彼女の真っ直ぐな歌によって、歌謡曲が持つメロディーの良さや歌詞の深みがより際立って聴こえ、演奏には伊藤大地や加瀬達などの実力派プレイヤーが参加して名曲たちに新たな魅力を加えています。
---------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

<参加メンバー>

浜田真理子、加瀬達、伊藤大地、小島良喜、鈴木茂、瀬戸龍介、服部正美、檜山学Gustavo Anaclete、Steve Sacks、Gideon Juckes、池村真理野、友利さやか、Barok、八木美楠子、久保田麻琴

 

 

<収録曲>

01.東京ドドンパ娘
02.ブルー・ライト・ヨコハマ
03.ウナ・セラ・ディ東京
04.夜霧よ今夜も有難う
05.愛のさざなみ
06.つぐない
07.風は海から
08.ヨコハマ・ホンキー・トンキー・ブルース
09.夕陽が泣いている
10.プカプカ
11.一本の鉛筆

 

視聴、購入はこちらよりどうぞ!

 

レーベル:日本コロンビア

品番:COCP-40540

発売日:2018年11月17日

メディア:CD

価格:¥2,700+税

 

 


Mariko Hamada live @ Sogetsu Hall

草月ホールでの浜田真理子さんのコンサートにて音響担当いたします。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2018年11月17日(土) <文春トークライブ> 浜田真理子『夕暮れ時に』Mariko 20th anniversary of debut

島根県松江市をホームグラウンドに、静かに歌い続けて20年。「奇蹟の歌声」といわれた浜田真理子の記念碑的ステージが東京・草月ホールで。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

詳細はこちらよりどうぞ

 

 


Makoto Kubota presents Sachiko Kanenobu’s MISORA 金延幸子 45年目の”み空” 追加公演決定!

Thank You, Sold Out !
本公演は、予定枚数全て完売いたしました。

当日券の販売は未定です。

 
初回公演完売につき、追加公演決定しました!!
 
会場:晴れたら空に豆まいて

日時:2018年11月14日(水) 開 18:30 演 19:30 

チケット: 前 4,800 当 5,300 +1D 600

詳細はこちらよりどうぞ!

 

 金延幸子  歌とギター

ゲスト・プレーヤーズ
鈴木茂、田中章弘、浜田真理子

オープニングアクト :
鈴木茂 with 田中章弘(ベース)

LIVE MIX by 久保田麻琴

 

 

 金延幸子  プロフィール
大阪府出身。米国在住。
1969年関西フォークシーンで活動を開始。
この当時、真崎義博とのデュオ「アリス」を久保田麻琴が聴き、かねのぶさちこに連絡をとって以来、久保田とは今に至るまで長い友人となる。
のち瀬尾一三、中川イサト、松田幸一と「愚」として活動。
1971年、細野晴臣と共同プロデュースによるアルバム「み空」を発表するが、リリース時にはロック評論家のポール・ウィリアムスとともにすでに渡米しており、伝説のシンガーとなる。
1993年、小沢健二が日比谷野外音楽堂でのソロコンサートでBGMとして「み空」を流したことが再評価のきっかけとなる。
1999年、ビクターより久保田のミックスにより新録のフルアルバム「Sachiko」がリリースされた。
今回は通算4回目の帰国公演となる。

 

 

 

 

 


Makoto Kubota presents Sachiko Kanenobu’s MISORA 金延幸子 45年目の”み空”

本公演は、予定枚数全て完売いたしました。

ありがとうございました。
当日券の販売は未定です。

 

90年代にCDリイシュー、さらに2000年代にはオーストラリアやスペインのレーベルよりCDやアナログ盤のリイシューがあり、ニューヨークやロンドンにもその波の勢いは届く。

 

西海岸の名門レーベル、Light in the Atticの日本フォークのコンピレーションにもフィーチャーされたが、現在世界発売を計画中の噂も出ている。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

「神戸のバー・ディランにふらっと入ったら、さっちんの「み空」がかかっていた。ぼんやり詞を追って聴いていたら、ああ、これはあの人のことかって、当時の空気が原色のまま蘇ってきて、涙があふれてしまった。あの頃ライブの楽屋で年中一緒だったし、日常の愚痴も聞かされたし、さっちんは同時代の音楽家というより、はっぴいえんどの家族のようなものだった。アメリカに行ってしまってから音信不通だったがSNSでまた連絡がとりあえるのが嬉しい。カリフォルニアの山火事で逃避行した時は、ほんとに心配したし、NYのラジオに彼女が出演するときも喜びが伝わってきた。もしも彼女が日本にいてそのまま活動を続けていたら椅子を失った女性シンガーがたくさんいると思う。こうして東京でライブをするって聞いて、客席に駆けつけたいです。」
松本隆

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

金延幸子  歌とギター

 

高田漣  歌とギター(オープニング&ゲスト演奏)

伊藤大地 打楽器

オープニング :児玉奈央 歌とギター
 

LIVE MIX  by 久保田麻琴

 

会場:晴れたら空に豆まいて

日時:2018年11月9日(金) 開 18:30 演 19:30 

チケット: 前 4,800  +1D 600

 

 

 


『Kanasu Remixes NAHKNY TIIMATOH / SARAHAMA NU HAIMA』 Release on 3rd November

『Kanasu Remixes NAHKNYTIIMATOH / SARAHAMA NU HAIMA』【7inchアナログ】11月に発売決定!

 

日本各地の民謡を再発見し発信している久保田麻琴が、1965年に16枚のLPレコードのセットで発売された「沖縄音楽総攬」のマスター音源から、沖縄古謡の貴重な音源をセレクト&コンパイルした「かなす」シリーズ。2018年8月に発売された、このCDに収録したリミックス・トラックをアナログ化!

 


Side A「NAHKNY-TIIMATOH」

Remixed by Oorutaichi
唄:山内昌徳
はやし:黒島日章子、川田公子、仲宗根冴子、池田清子、仲里勝子、比嘉国子、高津ヨシエ

 

沖縄民謡の基本、ナークニー(宮古根)を歌うのは戦後最高の民謡歌手、山内昌徳。100年に一度の美声と言われたの声の持ち主。その美しく軽快なノリと発声は沖縄のナット・キング・コールと言っても過言ではない。
このトラックをとても丁寧にリミックスしたのは、様々な作品やプロジェクトで知られる才人、オオルタイチだ。ガムランを思わせるシンセ、ところどころに聞かれる声などを変調させたエレクトロな装飾は、元のトラックと抜群の相性で、とてもラジオ・フレンドリーだ。

 

 

Side B「SARAHAMA NU HAIMA」

Remixed by Mikio(Black Wax) & Makoto Kubota
唄:譜久島マツ子
Sax:Marino Ikemura 

Bass:Makoto Kubota


沖縄でも最後まで民間の祭祀を厳格に維持した場所、宮古島の離島、伊良部島の港、佐良浜。そこに伝わる蟹の脱皮を唄うこの歌は、祭祀を行う司(ツカサンマ)の女性たちが拝所から拝所に歩いて移動する時に歌われる道行歌だ。脱皮をして若返る、生き返るというイメージを人間に重ね合わるポジティブな唄。
これを宮古島のファンク・ジャム・バンド、Black Waxのミキオがトロピカル・モードでリミックスする。メンバーのマリノもサックスで参加、ベースを手弾きした久保田麻琴がリズム・ループも組んだが、後半で使われるメインのドラムパートは名手伊藤大地によるもの。


 

詳細、視聴はこちらからどうぞ!

レーベル:日本コロンビア
品番:COKA-64

発売日:2018年11月3日

メディア:7inch

価格:¥1,700+税

 

 


『Kanasu Remixes INKYARA NU UTA / RUJIGAKU x TAHFAHKU』Release on 3rd November

『Kanasu Remixes INKYARA NU UTA / RUJIGAKU x TAHFAHKU』【7inchアナログ】11月に発売決定!


1965年に16枚のLPレコードのセットで発売された「沖縄音楽総攬」のマスター音源から、沖縄古謡の貴重な音源をセレクト&コンパイルした「かなす」シリーズ。2018年8月に発売された、このCDに収録したリミックス・トラックをアナログ化!

 


Side A「INKYARA NU UTA」

Remixed by Makoto Kubota
唄:川平亀、新本米、新本善康、川平節、桴海ヨシ、仲島一夫、桴海亀、仲島玉
Bass, Guitar & Keyboard by Makoto Kubota

 

石垣島白保で毎年旧暦6月に行われる豊年祭の歌。頭に植物の蔦や葉で作った冠をかぶり、男女が円陣を作って賑やかに歌い踊り儀式は南洋的な光景を感じさせる。鳴り続けるプリミティブな銅鑼の音と手拍子がとてもトランシー。11拍子(4-4-3)という微妙な変拍子、それに古代を感じさせる魔法の旋律が魅力的だ。久保田麻琴が左右にクンビアとブラジル北東部のコーコのループを不規則に配し、怪しいチューニングの低音ベースを指弾きしリミックスを行った。

 

 

Side B「RUJIGAKU x TAHFAHKU」

Remixed by harikuyamaku
唄・演奏:与儀富三、嶺井政明、川上精孝、大城三郎、井口浦戸、新垣一夫、新垣盛市、新垣徳俊、新垣徳勇、新垣隆盛

 

チャルメラの響きも賑々しい路次楽は、琉球王朝時代の中国/福建省から影響を充分に感じさせる。そしてもう1曲の打花鼓も帰化人たちの学問所で、首里や薩摩役人を接待するために演じられた曲ということだ。エキゾチックな響きとリズムのこの2曲を、コザの銀天街に拠点を置くダブ・ユニット銀天団のエンジニア/トラックメイカー、ハリクヤマクがトリッキーにドープにリミックスした。20歳代にしてこのリズムの深さ!

 

 

詳細、視聴はこちらからどうぞ!

レーベル:日本コロンビア
品番:COKA-65

発売日:2018年11月3日

メディア:7inch

価格:¥1,700+税

 

 


「かなす」「ハイサイ!」発売記念トークショー!

 

【久保田麻琴 沖縄音楽再発掘プロジェクト「かなす」「ハイサイ!」発売記念 トークイベント】

開催日時:2018年08月22日(水) 19:30
場所:タワーレコード渋谷店   7Fイベントスペース
出演:久保田麻琴 、大石始
参加方法:ご予約者優先でタワーレコード渋谷店にて、8/8(水)発売 久保田麻琴沖縄音楽再発掘プロジェクトCD4タイトル「かなす ウチナー」(COCJ-40464)・「かなす ミャーク」(COCJ-40465)・「かなす ヤイマ」(COCJ-40466)・「ハイサイ! 沖縄」( COCJ-40467)のいずれかををご購入いただいたお客様に、先着でサイン会参加券を配布いたします。

詳細はこちら

『かなす』『ハイサイ!』released on 8th Aug. 2018

沖縄諸島の貴重な60年代録音のコンピレーション。4タイトル同時発売!

各アルバムにはそれぞれ、HarikuYamaku(銀天団)、MIKIO(BlackWax)、久保田麻琴、 Ooru Taichi によるリミックストラックを収録!

 

 

 

『かなす ウチナー Kanasu Uchinaa』(the traditional folksongs of Okinawa, 1960's) COCJ-40464 詳細はこちら

 

『かなす ミャーク Kanasu Myahk』(the traditional folksongs of Miyakojima islands, 1960's)
COCJ-40465 詳細はこちら

 

『かなす ヤイマ Kanasu Yaima』(the traditional folksongs of Yaeyama 
islands, 1960's) COCJ-40466 詳細はこちら

 

「スケッチ・オブ・ミャーク」から約10年。沖縄古謡の貴重な音源を発掘し世に送り出してきた久保田麻琴が、1965年発表の16枚組LPBOX「沖縄音楽総攬」から未発表部分も含めてセレクト&リマスタリング。見知らぬ響きの懐かしくも深い共感がここにある。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

沖縄ではカナサン、八重山にはカヌシャ、宮古島あたりではカナシャという言葉がある。これは今の日本語の悲しさでも哀しみでもなく、いとおしさと神々しさの混じったジ~ンとくる感覚、ブラジルではサウダージと呼ばれ、マレー語圏ではリンドゥとも呼ばれる感覚に似ているのだと思う。映画「スケッチ・オブ・ミャーク」を見たヤマトンチュや他の外国人が、思わず涙するのだが、これは会ったこともなかった先祖に不意にハグされ思わずこみ上げてしまうような感情なのかもしれない。1974 年頃、西表を旅行中に出会った「ハイサイおじさん」という音源、その後触れることになる様々な沖縄や南島の歌たち。共通するのはこの見知らぬ響きの懐かしくも深い共感だったと思う。「もののあわれ」という言い回し同様、きっと「かなしい」という言葉の意味には、元々そのような深い心の震えが含ま れていたのだろう。
私の造語に近い呼び方だが、このウチナー、ミャーク、ヤイマの3 枚のCD シリーズに最大の敬意を表し、「かなす」(Kanasu)と呼ばせていただくことを許していただきたい。これらの貴重な音源の元になっているのは、三隅治雄監修で1965 年、16 枚のLP レコードのセットとして100セット作られ、のちに8 枚組のボックスセット上下二巻発売された「沖縄音楽総攬」。当時100 キロ以上の機材をスタッフ3 人で運びながら、沖縄北部から先島、与那国島までを二、三ヶ月かけ1000 曲ほどの録音をしたという壮大な規模の作品だ。現存するマスター音源は半分ほどだが、未発表部分も含め再びコンパイルし、3 枚のアルバムとしてここに再発表させていただこうと思う。 久保田麻琴

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

『ハイサイ!沖縄 HAISAI OKINAWA』(Okinawan folk music collection compiled by Makoto Kubota) COCJ-40467 詳細はこちら

 

「ハイサイおじさん」との衝撃の出会いから40年。以降沖縄と深い縁を持つ久保田が、70年代に発表された竹中労プロデュースの音源からセレクト&リマスタリング。

「ハイサイおじさん」、「ちんぬくじゅうしい」のファーストレコーディング版、山内昌徳の1958年録音の貴重音源も収録。

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------国会議員にまで登り詰めた元ルードボーイ、喜納昌吉が若い頃に書いた“ハイサイおじさん”は私の中でも70年代最大の音楽事件の一つだった。そこからのインスピレーションは細野晴臣の名作アルバム“泰安洋行”にまで及んだ。

 沖縄の返還後まもない73年頃、沖縄に降り立った私は圧倒的なエキゾ感にクラクラ来ていた。湿気、匂い、色合いや味覚までが独特で、人は優しく柔らかかった。近くて遠い国なのだと理解した。間もなく私がその曲をカバーした縁で、沖縄中部のカウントダウン、紫とコンディション・グリーンの後に出た夕焼け楽団演奏終了後、もう元旦になった朝、ついにムク犬を抱いた色白の青年が現れた。「いつか君らの音楽は世界的になるはずだ」と伝えた。そして“花”は最もカバーされた日本の曲となった。
このアルバムでは特にリズムに独特のノリがあると思われるものを中心に名演の数々を選んでみた。結果やはりこの南島の音楽は、アジアのフォークロア音楽の王様だと確信する。久保田麻琴
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
レーベル:日本コロンビア

発売日:2018年8月8日

メディア:CD

価格:各¥2,400+税

 

 



Rolling Coconut Revue Japan Concert 1977

ライブ録音14枚組ボックスセット『ローリング・ココナツ・レビュー・ジャパン・コンサート1977』、disk12(久保田麻琴と夕焼け楽団)をマスタリングしました。

 

詳細はこちらよりどうぞ!

 

2018.7.25 released

 

 

 


『夏の夜の祭りの話』8月1日サラヴァ東京

8月1日渋谷のSARAVAH東京にてトークショウです!

 

南島シリーズやぞめきなどディープなフォークロア音源を発表し、最近では郡上白鳥や天草牛深の祭り音源などをCD化し続ける久保田麻琴。

 今年は、四国に残った古い祭祀、門付け芸、盆踊りなど70年代に檜瑛司によりフィールド録音された陰影の濃い音源、これらを発掘/マスタリングした「阿波の遊行」を発表した。

 さらに、60年代半ばに沖縄から南島の隅々まで1000曲録音された

古謡音源のセレクト盤を「かなす」シリーズとして数枚発表する予定。

 上記の作品のハイレゾマスター原盤の再生はもとより、

関連の写真/スライドなども交えてのトークショウ。

 DJタイムはディープな俚謡をぶっちぎりで回す謎の二人組、俚謡山脈!

 やはり全国の祭りのリサーチを続ける音楽ライター、大石始の司会でお届けする充実の3時間!

 

会場:サラヴァ東京

日時:2018年8月1日 19時開場

出演:久保田麻琴、 皆川学、俚謡山脈(DJ)

司会:大石始

協賛:那賀町音盤

前売:2000円(+1drink)

 

当日:2500円

 

 

7pm door open 

DJ Time 俚謡山脈(予定)

8pm Talk and Slide Show

9pm~9:20pm  DJ

9:20pm~10pm Talk and Slide Show

DJ Time 俚謡山脈(予定)~ 11pm

 

 



『阿波の遊行 Awa-no Yugyo』released on 13th July. 2018

 

檜瑛司さんによる驚異的なフィールドワーク。なんという豊かさなのだろう。 テクスチャー、リズム、ニュアンス、旋律、倍音の嵐だ。 阿波、そして四国の人たちはまるでミュージカルの中で生きてきたんじゃないか と思わせるような音の豊穣さ今は誰もこんなグルーブは打てない。こんな節は歌えないという素材の数々。この深い民族性がさらに巨大に育ち、阿波踊りに流れ込んだのだろう。 

ー久保田麻琴

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

徳島県鳴門出身の現代舞踊家で民俗芸能研究家、檜瑛司さんが1968年より20年に渡り四国で録音収集した数百時間に及ぶテープより、久保田が選曲、マスタリングして、2枚のCDに収めました。

 

Traditional Folk Music from Awa

Eiji Hinoki cassette audio archives, 1968~1988

Compiled by Makoto Kubota, 2018

 

レーベル: 那賀町音盤(NAKACHO RECORDS)

配給元:アオラコーポレーション

メディア:2CD

発売日:2018年7月13日

価格:3024円

品番:NCO-001

解説:皆川学

 

詳細、視聴はこちらよりどうぞ!

http://www.ahora-tyo.com/detail/item.php?iid=17627

 

 

 

 



Mariko Hamada Live at Percimmon Hall

『Jazz World Beat 2018』の浜田真理子さんのセットのライブミックスを担当します!

2018年7月7日(土)
会場:東京都 めぐろパーシモンホール

 

[大ホール] チャボロ・シュミット・トリオ(ゲスト:渡辺香津美、太田惠資)浜田真理子(ゲスト:喜多直毅、黒田京子)RS5pb(ゲスト:菊地成孔)

[小ホール]仲野麻紀withヤン・ピタール、岩川光トリオ、Tokyo Django Collective feat.北床宗太郎、喜多直毅&黒田京子デュオ

詳細はこちら

 

   



浜田真理子『NEXT TEARDROP』発売記念ライブ@渋谷CLUB QUATTRO

浜田真理子さんの6月発売予定の新作、『NEXT TEARDROP』の発売記念公演です!アルバム参加メンバーが集合します!

 

日時:2018年6月19日(火)開場 18:00 開演 19:00

場所:渋谷クラブクアトロ

料金:前売 ¥5,000 当日¥5,500(未就学児入場不可)
ドリンク:D別 入場時にドリンク代¥600

 

出演:浜田真理子(歌・ピアノ)加藤達(ベース)檜山学(アコーディオン)伊藤大地(ドラム)池村真理野(サックス)

Live Mix :久保田麻琴

 チケット販売:e+チケットぴあローソンチケット
お問い合わせ:渋谷クラブクアトロ TEL:0334778750



浜田真理子『NEXT TEARDROP』released on 6th June. 2018

活動20周年を迎える浜田真理子さんのNewアルバム『NEXT TEARDROP』が完成です!
前作に引き続き、久保田が全編プロデュース。新曲オリジナルに加え、大沢伸一の書き下ろし曲(作詞は浜田真理子)、70年代初頭のレアトラックで金延幸子の名曲をジャジーにカバー。全曲まず2インチのアナログテープに一度録音され、プロツールスに移してのポスト作業というスタイルは前作と同じで、暖かく親密な音世界が実現されています。

 

<参加メンバー>

浜田真理子、伊藤大地、加瀬達、檜山学、池村真理野、瀬戸龍介、久保田麻琴

 

<収録曲>
1. 青い月のワルツ prelude
2. まちあわせ
3 .あなたから遠くへ
4. さつきの憂うつ
5. Bird
6. 昨日の森
7. 夢の中で泣いた
8. Before the next teardrop falls
9. 忘れ音
10. Last Order
11. サヨナラが降るとき
12. 青い月のワルツPostlude

 

レーベル:VIVID SOUND

発売日:2018年6月6日

価格:2916円(税込)

品番:VSCD9733

 

 



列車『あめつち』のテーマソング

2018年7月より鳥取駅〜出雲駅間で新たに運行を開始するJR西日本の観光列車『あめつち』。松江市在住の歌手、浜田真理子さんの作詞作曲歌唱によるテーマソングを制作しました!

『あめつち』の詳細は下記リンク先よりどうぞ。試聴もできます。

 

山陰いいもの探検隊https://sanin-tanken.jp/ametuchi

 

作詞、作曲、歌唱&ピアノ:浜田真理子

ドラム:伊藤大地 

ベース:加瀬達

ハーモニカ:八木ノブオ

Myahk Horns:池村 真理野(T.sax)、宇座 麻理那(A.sax)、 大野 萌夏(Tp)、 友利 沙也加(Tb)、(ホーン・アレンジ:久保田麻琴&池村 真理野)



『牛深ハイヤ節 Ushibuka Haiya-bushi』 released on 30th Mar. 2018

天草・牛深、日本の音頭のルーツと言われるハイヤ節。北からの船と都からの便りが南の風と交り、しなやかで強靭なグルーヴが形成された。長い時間と距離を経て、その唄とグルーヴは日本全国の港に錨を下ろす。
2017年録音のハイヤ節、そして70年代に檜瑛司により収録されたカセット音源、さらにそのリミックス&ダブミックスが2枚組のCDに納められている。--------  久保田麻琴

 

●熊本県、天草諸島・下島の最南端に位置する漁村、牛深。以前ここは、廻船問屋や海産物問屋が立ち並ぶ南九州有数でももっとも賑やかな港町で、船乗りたちは「南風=ハエ」が吹くのを待つ風待ちの時間をつぶすために宴会を繰り広げていました。
●彼らが、酒の席で歌い踊っていたのが「牛深ハイヤ節」という賑やかな酒盛り歌です。南九州で歌われていた「二上がり甚句」に南西諸島から持ち込まれた南洋的なグルーヴが加えられて現在の形になったといいます。港町の荒々しさとお座敷歌ならではの洗練が共存する踊りの音楽です。
●この「ハイヤ節」は、牛深だけでなく九州各地に伝わったほか、北前船に乗って日本海沿岸地域にも伝えられ、佐渡島の「佐渡おけさ」や青森の「津軽あいや節」のルーツともなりました。民謡研究の大家、町田嘉章は「全国のハイヤ系民謡のルーツは、ここ牛深ハイヤである」という言葉を残してます。
●また、本アルバムのプロデューサー久保田がこれまで6枚のアルバムを製作してきた『ぞめき』シリーズの阿波おどりにも深く影響を与えたと言われています。
●本アルバムのCD1には、現在の最良の「牛深ハイヤ節」が収められています。牛深ハイヤ保存会を構成する“南風倶楽部”、 “加世浦老人倶楽部・恵比寿会”、 “光彩会” 、“牛深朝市一座”という代表的な集まりを収め、「牛深ハイヤ節」以外にその源流と言われる「元ハイヤ(加世浦磯節~牛深ハイヤ節)」、されに、別の源流を持つ「牛深磯節」も収録されています。
●CD2には、1996年に逝去した徳島県鳴門市出身の舞踊家/民俗芸能研究家、桧瑛司が70年代に録音したと思われる「牛深ハイヤ節」という貴重な録音を1曲収録。さらに、久保田自身による同録音のリミックス/ダブ・ヴァージョンを3曲収めました。
●録音、リマスターは、もちろん久保田が担当し、これまでの『ぞめき』シリーズや『郡上白鳥』同様、臨場感一杯で、空気感まで伝わってくる音に仕上げています。
(本紹介文は、大石 始氏による解説から多くを抜粋しています)

曲目表:
CD1
1. 牛深ハイヤ節
 牛深ハイヤ保存会の南風倶楽部
2. 元ハイヤ(加世浦磯節~牛深ハイヤ節)
 加世浦老人倶楽部 恵比寿会
3. 牛深ハイヤ節
 牛深ハイヤ保存会の光彩会
4. 牛深ハイヤ節
 牛深朝市一座
5. 牛深磯節
 牛深ハイヤ保存会の南風倶楽部
6. 牛深ハイヤ節
 牛深ハイヤ保存会の南風倶楽部
CD2
1. HAIYA 70s REMIX long version
 唄:平塚萬之十、蒔本フミエ/三味線・囃子:武井キヨエ、杉本ウメノ/太鼓:中口正義/Bass, Kbd, beats and dub:Makoto Kubota
2. HAIYA 70s REMIX radio edit
3. HAIYA 70s REMIX dub edit
4. USHIBUKA HAIYA BUSHI original 70's cassette
 録音:桧瑛司/唄:平塚萬之十、蒔本フミエ/三味線・囃子:武井キヨエ、杉本ウメノ/太鼓:中口正義

CD1メンバー:
1、5&6 牛深ハイヤ保存会の南風倶楽部

唄:山崎チエ/囃子・三味線:山形好香/三味線:古賀晶子/太鼓:西嶋龍一郎

2 加世浦老人倶楽部 恵比寿会

唄:米田勝行、岩崎 博、原井幸江、黒鶴進治、加世田政美/ハイヤ節・唄:浜村輝行、囃子 吉川妙子/三味線:西嶋龍一郎、吉浦安子、小川光香/太鼓:鯖江 要/手拍子・掛け声・男性:白倉勝二、五十嵐重七、鯖江 東、浅見篤行、米田時男/手拍子・掛け声・女性:山下照香 鯖江ツギエ 高波トシコ 山浦寿子、外浜チサミ、五十嵐順子、黒鶴シオミ

3 牛深ハイヤ保存会の光彩会

唄:吉浦マサエ/囃子:西岡信子/三味線:吉浦安子、山見カホミ、大曲ムツ子/太鼓:山上勝喜

4 牛深朝市一座

唄・囃子:金棒修八、中野栄造、田中裕美/三味線:西嶋龍一郎、古賀晶子/太鼓:古賀晶子

 

 

解説:大石始

 

レーベル: ABY RECORDS(配給:アオラコーポレーション)
メディア:2CD
価格:3024円 オーダーナンバー:ABY-020


PLASTICS 『 A 』released on 21th Feb. 2018

2016年5月、結成40周年を祝しブルーノート東京にて開催された一夜限りの再結成ステージを、惜しくもライブ後2017年2月25日に逝去した中西俊夫の一周忌に捧げる形でリリースするメモリアル・ライブ盤にして、残されたPLASTICたちによる新たなPLASTICSの物語の始まり、「A」。

 

オリジナルメンバーの立花ハジメ(ギター)、中西俊夫(ボーカル&ギター)、島武美(リズムボックス)とリンダdada(ボーカル/ リンダ&マーヤ、N’夙川BOYS(活動休止中))、MOMO(キーボード)の5人による全15曲を収録。

久保田はライブミックス、およびアルバムのコ・プロデュース、ミックス&マスタリングを担当しました。


同時リリースの1,000セット限定のデラックス・エディションには、同日のライブのアウトテイク3曲に加え、今回発掘され初出となる初期デモ音源「COPY - EARLY DEMO-」と「TOO MUCH INFORMATION - EARLY DEMO-」の2曲を収録した5曲入りのエクストラCD「B」をセット。

 

収録曲

01. I AM PLASTIC
02. WELCOME PLASTICS
03. DIAMOND HEAD
04. IGNORE
05. DELUXE
06. I LOVE YOU OH NO!
07. DELICIOUS
08. DIGITAL WATCH
09. TOO MUCH INFORMATION
10. COMPLEX
11. GOOD
12. ROBOT
13. CARDS
14. INTRODUCTION - COPY
15. TOP SECRET MAN
 
Deluxe Ddition付属のCD収録曲
1. COPY
2. CAN I HELP ME?
3. PARK
4. COPY - EARLY DEMO -
5. TOO MUCH INFORMATION - EARLY DEMO -

 

A                                    CD/VICL-64963

A<Deluxe Ddition>    2CD / VIZL-1332(ビクターエンターテイメント)

 

 


Live Mix at Saravah Tokyo

イスタンブル生まれのギタリスト/作曲家James Hakan Dedeoğlu(ジェームズ・ハカン・デデオウル)のソロ・プロジェクト 、"TSU!" のコンサートのlive mixします!

昨年1月の東京公演を収めたライヴ アナログ盤『TSU! Live in Tokyo』(Recorded, Mixed and Mastered by Makoto Kubota)も会場にて限定先行販売ありです。

 

日時:2018年1月24日 (水) 19:00 open 20:00 start

会場:サラヴァ東京 (詳細はこちらからどうぞ)

 

TSU!:http://soundcloud.com/tsu-3

            https://tsuman.bandcamp.com/

   



Life is a Movie feat. Naoki Kita, Kyoko Kuroda and Shin Sasakubo

お気付きのように、人生は映画です。
幕間に流れる最高の音楽で、新玉の年を迎えましょう。

天才奏者たちがそれぞれの思いを演奏してくれます。

大好きなスクリーンテーマかな?それとも今宵だけのサントラ?
さて、何が飛び出すでしょう。 お楽しみに!

 

◉浜田真理子さんのゲスト出演決定しました!

 

日時   2018年1月6日(土) open19:00 start20:00

 

料金   前売3,500円(+1drink) 当日4,000円(+1drink)

 

会場   代官山 晴れたら空に豆まいて

     メール予約電話予約

 

出演   喜多直毅(Violin) &黒田京子(Piano)

                  笹久保伸 (Guitar)

 

ゲスト  浜田真理子

 

Live Mix   久保田麻琴

 

---------------------------------------------------------------------------------------

 

喜多直毅

 

タンゴヴァイオリニストとして京谷弘司、小松亮太の楽団に参加した後、鬼怒無月、翠川敬基、常味裕司のグループに在籍し、プログレッシヴロック、アラブ音楽、フリージャズ等、幅広い音楽の影響を受ける。近年は即興演奏やオリジナル楽曲を中心とした演奏活動を行っている。2011年より喜多直毅クアルテットを開始。タンゴに即興演奏や現代音楽の要素を取り入れた音楽は、そのオリジナリティと精神性において高く評価されている。他に黒田京子、齋藤徹との演奏や邦楽・韓国伝統音楽・現代舞踏とのコラボレーションも数多い。欧州での演奏も頻繁に行っている。2017年に田中信正とラテン音楽を中心としたアルバムをリリース。我が国に於いて最も先鋭的な活動を行うヴァイオリニストの一人として注目されている。
https://www.naoki-kita.com

 

 

黒田京子

 

東京都府中市生まれ。’80年代後半、自ら主宰した「オルト」では、池田篤(as)、村田陽一(tb)、大友良英(g,etc)等、ジャズだけでなく、演劇やエレクトロニクスの音楽家たちと脱ジャンル的な場作りを行う。’90年以降、坂田明(as)などのバンドメンバーや、演劇や朗読、無声映画の音楽などを長期に渡って務める。’04年から6年間余り、太田惠資(vn)と翠川敬基(vc)のピアノ・トリオで活動。’10年から喜多直毅(vn)と言葉と音楽の実験劇場「軋む音」を不定期に展開、デュオ活動を続けている。近年は即興演奏を主体とした演奏活動を行うほか、’06年にはオルト・ミュージックを立ち上げ、コンサートの企画も手掛ける。’13年、ピアノソロのCD『沈黙の声』を発表。
http://www.ortopera.com/

 

 

笹久保伸(ギタリスト)

 

アンデスの村々を旅して音楽を学び、世界各地で公演。

ペルーで13枚と日本で14枚のCDをリリース。
近年は「秩父前衛派」名義で美術・映画・写真などを制作している。 

 



エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ@ポレポレ東中野

12月2日〜12月8日にポレポレ東中野にて連続上映される、『エンサイクロペディア・シネマトグラフィカを見る』の12月7日の回にゲスト出演します!

 

▼12月7日(木)異界との通路をひらく
〈音・舞踊・超越性〉

見えない世界との交流をはかり、
聞こえないメッセージを聞こうとする、
世界各地にあるトランス儀礼やシャーマニズムの記録。
それは、鳴り響く音の場の記録であり、
そこには音と共鳴しながら演奏・舞踊する
人びとの姿が焼き付けられています。
バリ島のトランス・ダンスや日本列島における
祖霊、精霊、神仏と関わる音楽や舞踊の映像を見ながら、
見えない/聞こえない世界との通路を開く音の超越性について語り合います。

 

▼上映プログラム
・ECフィルム
【シャーマニズムの踊り】
(E0213/北西パキスタン ギルギット/ダート族)1950年撮影/4分/サイレント
【トランスダンスの一部】
(E2954/南アフリカ カラハリ砂漠/!コ・ブッシュマン)1970年撮影/10分30秒
【サンヒアンとケチャ踊り】
(E0236/バリ島 カランガセム地区)1920年撮影/5分/サイレント
【夜の仮面の登場】
(E2630/赤道アフリカ カルメーン草原/    ティカール族)1970年撮影/10分

・特別上映
〈サンギャン―バリのトランス儀礼―〉(バリ島各地/1997~2017年/春日聡)
〈市山大元神楽式年祭〉(島根県江津市/2006年/春日聡)
〈五島列島の太鼓踊り〉(長崎県五島市/2014年/春日聡)
〈観菩提寺の修正会-達陀行法〉(三重県伊賀市/2015年/春日聡)
〈布川花祭-五方立・榊鬼〉(愛知県北設楽郡東栄町/2016年/春日聡)
〈坂部の冬祭り-山の神問答・反閇〉(長野県天龍村/2012年/春日聡)
〈新野雪祭り-乱声・宝船・さいほう〉(長野県阿南町/2013年/春日聡)

 

▼ゲスト

 

春日聡(映像・音響作家/映像人類学)


1991年より日本列島各地およびバリ島を中心とした
インドネシアで、祭祀儀礼や音楽・芸能などの無形文化や
聖地に関する調査研究ならびに映像・音響作品制作を行う。
記録映画『スカラ=ニスカラ―バリの音と陶酔の共鳴―』
『ンガベン―バリ島ルクルク村の火葬儀礼―』
『五島列島の盆の念仏行事における太鼓踊り』等。
インスタレーション作品、映像・音響作品を多数発表。
多摩美術大学、常葉大学、駒沢女子大学講師(非常勤)。
https://www.akirakasuga.com/

 

久保田麻琴

 

▼日時    2017年12月7日(木)19:00〜

▼チケット  特別鑑賞券2,000円(当日2,200円均一)3回券 5,400円ポレポレ東中野にて発売中

 



『Israel Music Compilation』#1  by Makoto Kubota

 近年久保田が大注目する、イスラエルの音楽のPVコレクションです!

 

「音楽と街にはバイオリズムのようなものがある。10年前にスペインでたまたま見かけたBoomPamのライブの衝撃は生涯忘れないだろう。それから5年あとで彼らの東京でのショウを手伝うことになった。相変わらず素晴らしい演奏だったし、その時彼らが持ち込んだThe ApplesやKutimanなどのCDは驚くほど豊かな響きを持っていた。
それ以来ずっと彼らの街、テルアヴィヴに注目している。そのバイオリズムは衰えることがないようだ。そのスタイルの幅広さ、響きの深さは、ある時期のキングストンやニューオーリンズを思い出させ、サンフランシスコで起きた一種コミューナルでeuphoricな音楽のヴァイヴレーションを伝える。2000年代最も重要な音楽のニュースだ。
いったい何がこの街で起きているのだろう。全ての地球の音楽好きが注目するのは、時間の問題だ。」 久保田麻琴

 

 

イスラエル大使館のページでは、サラーム海上さんによる各アーティストの解説もあります!

http://embassies.gov.il/tokyo/NewsAndEvents/Pages/Israel-Music-Compilation.aspx#p

 


Mastered By Makoto Kubota

2014年7月に、還暦で発表されたデビュー作『JA-BOSSA』が大きな話題を呼び、その翌年に発表したセカンド作『BOSSA-MONK』で、さらなる進化(深化)を見せつけてくれたタクシー・サウダージ、待望のサード作の登場です!
前2作品に続き今回も久保田がマスタリングを担当しました。

 

 TAXI-SAUDADE タクシー・サウダージ

BOSSA-CHICHIBU』 ボッサ・チチブ

 

 2017.11.19 released

 


『郡上白鳥』 released on June. 18th 2017

『郡上白鳥  白鳥おどり 白鳥拝殿踊り 石徹白民謡』ABY-019 / ¥3,240   発売中!!

 

岐阜県郡上白鳥に伝え継がれてきた盆踊り歌を、2枚のCDに収録!

 

---------------------------------------------------------------

朗々たる歌声と手拍子、そして神社拝殿の床板を踏み鳴らす下駄の音。
地の悪霊を追い祓い場を清め、先祖のタマシイを迎え、いよいよ盆踊りの始まりだ。

 

長滝白山神社宮司 若宮多門

---------------------------------------------------------------

 

石川県から福井県、岐阜県にまたがる一帯は古くから霊山・白山を信仰する山岳信仰が息づく地ですが、白鳥はそんな白山信仰世界への(岐阜県側の)入り口。今もひとたび足を踏み入れるだけで、濃密な白山信仰の気配が感じられます。本CDに収められた「白鳥おどり」と「白鳥拝殿おどり」は、毎年夏、この白鳥町を舞台に行われる盆踊り。日本三大盆踊りのひとつ「郡上おどり」とともに、岐阜県を代表する盆踊りです。臨場感一杯な生々しいサウンドで白鳥の空気感まで伝えてくれています。

ボーナストラックとして、イスラエルのテルアビブで活動するBEMETとAvihai Naftali-Yamanimによる 「Tel Aviv Mad Mix」と、Who Me?と久保田による「Tokyo Eletronico Mix」も収録。

 

解説 大石始

レーベル: ABY RECORDS

配給元:アオラコーポレーション

メディア:2CD

発売日:2017年6月18日

価格:3300

品番:ABY-019

 

 

詳細はこちらよりどうぞ!http://www.ahora-tyo.com/detail/item.php?iid=16746&type=JAPAN

                                                               
 
                    



細野晴臣 & 久保田麻琴(Harry & Mac)トークショー 「Road to Okinawa」 

 

 

 沖縄音楽の世界への扉は この二人によって開かれた。


6月25日、桜坂セントラルでの全国ツアーのチケットが瞬時に完売した細野晴臣が、盟友の久保田麻琴と共に、トークショーで桜坂劇場に登場する。

現在の沖縄音楽の世界への扉を開いたと言っても過言ではない二人が、沖縄の地でどのようなトークを繰り広げるのか?! そして二人が楽器を手にすることはあるのか?! 

音楽ファン垂涎のトークライブ、お見逃しなく!

 

日 程                   6月24日 (土)
時 間                   開場 18:30 / 開演 19:00
ホール                 桜坂劇場 ホールA
出 演                   Harry(細野晴臣)& Mac(久保田麻琴)

ライブゲスト      喜納昌吉      大工哲弘      Banjo Ai

 

 

チケット 前売:3000円 / 当日:3500円 (整理券番号付き) / 
●電話予約あり:098-860-9555(桜坂劇場)

●入場時、別途300円の1ドリンクオーダーが必要。

 ●前売券発売日:2017.4.15
チケット販売店
桜坂劇場窓口/高良レコード店/イープラス・ファミリーマート各店/ローソンチケット/チケットぴあ
●お問い合わせ:098-860-9555(桜坂劇場)

 


続きを読む

民謡クルセイダーズ の夜@サラヴァ東京

 

 Makoto Kubota Presents「民謡クルセイダーズの夜」!!

 

5月21日(日) 19:00 OPEN  20:00 START
前売・ご予約:3,000円(ドリンク別)、当日:3,500円(ドリンク別)

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Min-Yo Crusaders

Is the best band I have heard in many years, since when I can’t say! so good! let me help out in some way when time comes! Ry Cooder


こんなすごいバンド、実に久しぶりだ。

いつかきっと彼らを手伝える時がくるはず。  
ライ・クーダー

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

出演 民謡クルセイダーズ

   DJ:俚謡山脈 (民謡DJ)
   Opening: 甘茶(小唄PUNK)

Live Mix  久保田麻琴

会場 SARAVAH 東京
                                                                                  〒150-0046
                         東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1
                         TEL/FAX 03-6427-8886

 



Mariko Hamada  "TOWN GIRL BLUE"  Live at  Billboard Tokyo

 

 

浜田真理子『TOWN GIRL BLUE』発売記念ライブ決定!!

レコーディングメンバーも参加!!!

 

 

場所 ビルボードライブ東京

 

出演 浜田真理子 (p.vo)

   服部正美 (Drums & Perc)

   加瀬達 (Bass)

   檜山学 (Accordion)

   

                                                                                  久保田麻琴(Live Mix)

 

                         日時 4月13日(木) 1stステージ開場17:30 開演19:00

                                             2ndステージ開場20:45 開演21:30

                                                                              

                       料金 サービスエリア     6,000円
                             カジュアルエリア 4,500円

                      

                      詳細、チケット購入はこちらから

 



Mariko Hamada   TOWN GIRL BLUE    Feb. 15th 2017  release

浜田真理子さんの新作アルバム『タウン・ガール・ブルー 』が2月15日にリリース決定!! 久保田麻琴が全編プロデュースです!

 

VIVID SOUND

VSCD9725 / ¥ 2,916

 

収録曲

1. 彼方へ

2. You don't know me

3. 明星

4. Chat Noir

5. Since I fell for you

6. 静寂(しじま)

7. なにもない Love Song

8. Yakumo

9. 愛で殺したい

                                                                     10. Mate

                                                                     11. 春の嵐の夜の手品師


Ricardo Moyano   En Japon   released Aug. 10th 2016

Ricardo Moyano   リカルド・モヤーノ

En Japon   エン・ハポン   

ABY-017 / ¥2484

released August 10th 2016

 


ZOMEKI vol.6 released July 10th 2016

ZOMEKI vol.6

ABY-018 / ¥2000+tax

released July 10th 2016