『Kanasu Remixes NAHKNY TIIMATOH / SARAHAMA NU HAIMA』 Release on 3rd November

『Kanasu Remixes NAHKNYTIIMATOH / SARAHAMA NU HAIMA』【7inchアナログ】11月に発売決定!

 

日本各地の民謡を再発見し発信している久保田麻琴が、1965年に16枚のLPレコードのセットで発売された「沖縄音楽総攬」のマスター音源から、沖縄古謡の貴重な音源をセレクト&コンパイルした「かなす」シリーズ。2018年8月に発売された、このCDに収録したリミックス・トラックをアナログ化!

 


Side A「NAHKNY-TIIMATOH」

Remixed by Oorutaichi
唄:山内昌徳
はやし:黒島日章子、川田公子、仲宗根冴子、池田清子、仲里勝子、比嘉国子、高津ヨシエ

 

沖縄民謡の基本、ナークニー(宮古根)を歌うのは戦後最高の民謡歌手、山内昌徳。100年に一度の美声と言われたの声の持ち主。その美しく軽快なノリと発声は沖縄のナット・キング・コールと言っても過言ではない。
このトラックをとても丁寧にリミックスしたのは、様々な作品やプロジェクトで知られる才人、オオルタイチだ。ガムランを思わせるシンセ、ところどころに聞かれる声などを変調させたエレクトロな装飾は、元のトラックと抜群の相性で、とてもラジオ・フレンドリーだ。

 

 

Side B「SARAHAMA NU HAIMA」

Remixed by Mikio(Black Wax) & Makoto Kubota
唄:譜久島マツ子
Sax:Marino Ikemura 

Bass:Makoto Kubota


沖縄でも最後まで民間の祭祀を厳格に維持した場所、宮古島の離島、伊良部島の港、佐良浜。そこに伝わる蟹の脱皮を唄うこの歌は、祭祀を行う司(ツカサンマ)の女性たちが拝所から拝所に歩いて移動する時に歌われる道行歌だ。脱皮をして若返る、生き返るというイメージを人間に重ね合わるポジティブな唄。
これを宮古島のファンク・ジャム・バンド、Black Waxのミキオがトロピカル・モードでリミックスする。メンバーのマリノもサックスで参加、ベースを手弾きした久保田麻琴がリズム・ループも組んだが、後半で使われるメインのドラムパートは名手伊藤大地によるもの。


 

詳細、視聴はこちらからどうぞ!

レーベル:日本コロンビア
品番:COKA-64

発売日:2018年11月3日

メディア:7inch

価格:¥1,700+税